top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

白石聖、石井杏奈、大原優乃ら次世代女優が出演! 新感覚ドラマ『ガールガンレディ』オンライン番組発表会開催

Pop'n'Roll

ドラマ『ガールガンレディ』オンライン番組発表会が、2月19日(金)に開催された。同発表会には、瀧悠輔監督をはじめ、主演の白石聖、石井杏奈、大原優乃、伊藤萌々香、出口夏希、寺本莉緒、石田桃香、安藤咲桜が登場。撮影秘話や見どころなどを語った。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

MBS/TBSドラマイズム枠にて4月6日(火)より放送開始する『ガールガンレディ』は、女子高校生がプラモデルの銃を使って戦うサバイバルドラマ。

発表会の冒頭では、『わたし旦那をシェアしてた』『ミス・シャーロック』『パーフェクトクライム』など、数々のヒット作を生み出してきた瀧監督が、同作の内容について“ガールガンレディは、とある人物からプラモデルを手に入れた高校生が真夜中のパラレルワールド、無人の学校に転送されて夜な夜な戦いをくり広げる内容となっています。劇中のプラモデルは実際に商品化されますので、ぜひお手元に置いて、より深くドラマを楽しんでいただければと思います”とコメント。

その後、会場では完成したばかりの番組PVが流れ、スリリングな展開が感じられるドラマの内容に会場の期待感が高まった。

次世代を担う豪華女優陣8名が、劇中のサバイバル衣装に身を包んで登場。1人ひとりがまったく違う個性を持つ自身の役どころについて語り、トークセッションがスタートした。

撮影中楽しかった点、苦労した点について聞かれると、白石は“猛暑の中での撮影だったので、みんな暑さと戦いながら必死に頑張っていた夏だったと思います。楽しかった点は、パラレルワールドの中では戦っているのに対して、アルファタンゴのみんなでタピオカを飲むシーンがあり、そこはすごく女子高校生らしくて、そのギャップが印象的でした”と述べた。

石井は、楽しかった点も苦労した点もアクションシーンだったと回答。“アクションの先生に指導いただき毎日筋肉痛でしたが、以前からやりたいと思っていたので、難しかったけれど楽しかったです。バキバキに動きました!”と振り返った。

©「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP

広告の後にも続きます

現場の雰囲気について聞かれると、出口は“真夏の撮影ですごく大変でしたが、監督・スタッフさん・キャストの方々がすごく優しくて楽しかったです”と回答。

また、寺本からは“レディコマンダーはプレイヤーとは違う部屋で戦っている様子を見ているのですが、このコスプレをした4人が1つの空間にいるという独特な空気で撮影させていただきました。初めての体験でしたね”と語った。それを受けて安藤は“確かに劇中ではバチバチしていたんですけど、それとは対照的に穏やかな現場だったなと思います。レディコマンダーは、ヘルメットをしていて音が聞こえにくかったり、デイジーだと目が隠れていたりするので、そういう特徴を持ったコマンダー同士で支え合って撮影ができたのではないかと思います”とコメント。

©「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP

TOPICS

ジャンル