top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

【絵画修復の仕事とは?】映画『レンブラントは誰の手に』より私たちがあまり知らない巨匠絵画の修復現場の貴重本編映像が解禁!

cinefil

巨匠画家レンブラントをめぐる人々の情熱を捉えたドキュメンタリー『レンブラントは誰の手に』が、 2月26日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開致します。

『みんなのアムステルダム国立美術館へ』(14)で美術館の舞台裏に深く切り込み、アート好きだけではなく多くの映画ファンの心をつかんだオランダのドキュメンタリー作家、ウケ・ホーヘンダイク。彼女の最新作『レンブラントは誰の手に』(原題『My Rembrandt』)。
バロック絵画を代表し、没後350年以上経った今でも絶大なる人気を誇るオランダの巨匠画家、レンブラント。作家が作品を生み出 せば、画商はそれを見出し、コレクターは買い求め、美術館は競い合う。「光と影の魔術師」の異名を持つ彼が残した作品の美と魅力はもちろん、彼の作品に魅了される人々の情熱とそこに生まれる物語をドラマティックに映し出していく。

映画『レンブラントは誰の手に』予告

この度解禁となるのは、絵画修復家のマーティン・ベイルが画商ヤン・シックス11世に依頼された絵画を修復する様子を捉えた本編映像。2014年にドイツでオークションに出品されていた作者不明の作品「Let the Little Children Come to Me」。シックスはその大きな作品に若かりしレンブラント本人の顔が描かれていることを発見し、レンブラントによる作品だと確信して落札。映像の冒頭では、ヤン・シックス11世がその絵画と向き合い、レンブラントによる作品であると考える理由を説いている。真相を確かめるため、未熟な画家によって上塗りされたと思われる部分の修復を、絵画修復家のマーティン・ベイルに依頼した。今回はそんな修復の仕事について、美術家で美術工房アトリエ・ニンフェア主宰の松澤周子さんの解説とともにご紹介。松澤さんは多摩美術大学を卒業後、イタリアのフィレ ンツェで修復の工房を設立、現在は日本で絵画教室や西洋美術史の講師として活躍、展覧会も開いている。

そもそも絵画の修復とはどのような仕事なのか。松澤さんによると「修復とは、劣化した部分、破損した部分、傷んだ部分を修理、修正、補修してオリジナルの絵を未来に繋げること」だという。様々な工程があるが、例えば絵の表面を保護する役割を持つニスは、時間の経過とともに汚れがつき、劣化の為ひび割れが出来ていく。そのため50年から100年に一度は溶剤でクリーニングして新しい保護膜のニスを塗る必要があるそうだ。映像の中で行われているのは、レンブラントによる元の絵を確認するために上塗りされた部分を剥がすという作業。絵の表面を少しずつ削っていくという地味な作業ではあるが、見ているこちらまで息を止めてしまいそうなほど緊張感がある。綿に染み込ませている瓶に入った液体は「ペトロール」と呼ばれる石油系の溶剤だ。乾いた絵の表面に一時的に艶を出して絵をよく見るためや、古いニスの層を除去する強い溶剤が絵の具層にダメージを与えないよう拭き取るために使用する。

広告の後にも続きます

©2019DiscoursFilm

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル