top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

今から追いつく【呪術廻戦】あらすじとキャラクターをネタバレ解説

ホンシェルジュ

『呪術廻戦』は最新話が掲載されると、その内容が記事になるほど注目を集めている漫画です。芸能界でも漫画通で知られるケンドーコバヤシが自身の番組でも大絶賛。テレビアニメも好調で放送後は毎週トレンド入りを果たしています。充実のキャラクターも人気の秘密。そんな話題の『呪術廻戦』を紹介します。

『呪術廻戦』最新話情報からアニメ情報までまとめて紹介!

『呪術廻戦』は「週刊少年ジャンプ」にて連載中のダークファンタジーなバトルアクション漫画です。原作は『呪術廻戦』で初連載となる芥見下々。最新話が掲載されるや否や各メディアが記事にするなどの熱狂ぶりです。本誌ではようやく”あの人”が登場したばかり。この先の展開が注目されています。

主人公の虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は驚異的な身体能力を持つ普通の高校生。学校に置いてあった「特級呪物」をたまたま拾ってしまいます。その呪物は呪いの王と呼ばれた両面宿儺(りょうめんすくな)の指でした。その指のせいで、オカルト同好会の先輩たちが、呪霊に狙われてしまいます。そんな折、宿儺の指を回収にきた呪術師・伏黒恵(ふしぐろめぐみ)に助けられることに。そこへ虎杖も助けに加勢しますが、呪霊に追い込まれてしまいます。そこで、虎杖は呪力を得るために、宿儺の指を食べてしまうのでした。そんな彼が呪術師となり、他の仲間とともに呪霊との死闘を繰り広げる物語です。

2020年よりテレビアニメ化され、2021年からはアニメ第2クールもスタートしました。豪華声優陣が次々と参戦。制作を担当するのは、『進撃の巨人The Final Season』などでも知られるMAPPAということもあり、スタイリッシュな映像が話題となっています。

この記事では、『呪術廻戦』をまだよく知らないという人にもわかりやすく、ストーリーや魅力、登場人物などを紹介していきます。

『呪術廻戦』はキャラの魅力が炸裂!登場人物紹介!

『呪術廻戦』に登場する個性的なキャラクターを紹介します。

虎杖悠仁(いたどりゆうじ)

広告の後にも続きます

東京都立呪術高等専門学校1年。驚異的な運動神経の持ち主。呪いの王と呼ばれる両面宿儺の器と言われる人物。祖父の死を経験し、人の死において「正しい死」かどうかに重点を置くことに。1人でも間違った死を招かないように呪術師として呪霊と戦う道を選びました。

声の出演:榎木淳弥(えのきじゅんや)

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)

TOPICS