top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ベロシップって何? 平野レミの「家族の味」

BOOKウォッチ

家族の味(ポプラ社)<amazonで購入>

 平野レミさんといえば、その明るいキャラクターと大胆な料理方法でお馴染み。そんなレミさんの新刊『家族の味』(ポプラ社)が3月9日に発売される。

 本書はただの料理本ではない。「愛情いっぱいの、家族とお料理のエッセイ」である。

 「結婚は、わたしの料理の腕を上げました。子どもが生まれたことは、食べ物を真剣に考える糸口になりました」

 レミさんがはじめてお料理をした思い出から、日本を代表するイラストレーターである夫・和田誠さんとのなれそめ、子育て方針まで、さらに31品のオリジナルレシピ、夫婦対談、阿川佐和子さん、清水ミチコさんとの鼎談を収録している。

 「レミちゃん、おいしいね」というみんなの言葉につられて
 レミちゃんは、とんでもなく料理上手になっちゃった。――阿川佐和子
 清らかな心No.1の黒柳徹子さん曰く、「いいえ、一番は平野レミさん!」。
 読めば納得。レシピは歴史。――清水ミチコ
写真は、著者の平野レミさん。(提供:ポプラ社)

スキンシップならぬ”ベロシップ”

 「自分で作ったものがこんなにおいしいんだ」という経験をとおして、レミさんは少しずつ料理をしていったという。

 夫、二人の息子、お客さん、そして自分のために頑張っていたら、アイデア料理が次々誕生。「歌手の平野レミ」が「料理愛好家の平野レミ」として料理本を出し、料理番組で大活躍するように。

広告の後にも続きます

 夫は生前、「お茶一杯、ごはん一杯でもうちのは格別」と言っていたそうだ。「味そのものより、きっと、家族で食卓を囲む喜びが格別だったのではないか」と振り返る。

 「味覚で家族が繋がって、絆を強くすることを、私は”ベロシップ”と呼んでいます。(中略)忙しくてスキンシップが足りないときでも、家族に心のこもったお料理を作っていれば、知らず知らずのうちに強い絆で結ばれていくんじゃないかしら」

モットーは「キッチンから幸せ発信!」

 レミさんと和田さんは、出会って10日で結婚を決めたという。そして47年間をともに過ごした。各種インタビューで、レミさんは亡き夫への溢れんばかりの感謝を語っている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル