top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

世の中の“おばあちゃん”像を軽々と越えていく圧倒的なユン・ヨジョンの演技力!すでに、アメリカ映画賞で演技賞22冠!アカデミー賞最有力作『ミナリ』

cinefil

『ムーンライト』や『レディ・バード』など作家性の強い作品で今やオスカーの常連となったA24と、『それでも夜が明ける』で エンターテイメントの定義を変えたブラッド・ピットのPLAN Bがタッグを組んだ『ミナリ』が3月19日(金)に公開されます。

©2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

〈普通の小さな家族〉が巻き起こした〈特別で巨大な熱狂〉!
「『パラサイト 半地下の家族』に続きアカデミー賞で波乱を起こす作品」と 世界のメディアが大絶賛!
新たなる家族映画のマスターピース!

1980年代、農業で成功することを夢見てアメリカ南部のアーカンソー州に移住してきた韓国人一家を描く『ミナリ』。アメリカン ドリームを胸に、逞しく生きる家族の物語はサンダンス映画祭をはじめ世界の映画祭で<観客賞>を総なめ! そして辛口批評サイトRotten Tomatoesでは完全無欠の100%(2021.01.26現在)を記録している。
評論家からも「監督のパーソナルな物語が大きな感動と共感を与えている」と大絶賛。ハリウッド・リポーター誌、ヴァラエティ誌ほか有力誌もこぞってアカデミー賞有力作品として名を挙げている。観客、評論家の二方向から絶賛されている大注目作なのだ。

主人公は、韓国出身の移民の一家。父親は農業で成功したいと夢見てアーカンソー州の大地に広大な土地を買うが、現実は厳しく、一家には様々な困難と予想もしない事件が降りかかる。父親・ジェイコブ役には『バーニング 劇場版』「ウォーキング・デッ ド」のスティーヴン・ユァン。監督は、米国有力映画メディア「インディワイア」で2020年に「今年最高の監督10人」に、デヴィ ッド・フィンチャーやスパイク・リーらと共に選ばれたリー・アイザック・チョン。新海誠監督の『君の名は。』のハリウッド実写版の監督として抜擢された大注目の新鋭だ。

この度、優しいおばあちゃん像を覆す、毒舌&破天荒な祖母・スンジャを演じたユン・ヨジョンの演技に世界が感服!
韓国映画界の記録を塗り替える、“アメリカ映画賞での演技賞22冠”を達成しました!
先日、シアトル映画批評家協会が公式アカウントを通じて、受賞作・受賞者を発表。若手俳優賞(アラン・キム)、外国語映画賞とともに、ユン・ヨジョンが助演女優賞を受賞!他にも「2020 ワシントン D.C.映画批評家協会」「ボストン映画批評家協会賞」「ロサンゼルス映画批評家協会賞」「サンフランシスコ映画批評家協会」など助演女優賞を根こそぎ受賞!その圧巻の演技力でアメリカ中に旋風を巻き起こしている!

広告の後にも続きます

©2020 A24 DISTRIBUTION LCC.ALL Right Reserved

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル