top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

首位独走のマンC、優勝の可能性高まる? 2位と勝ち点差10でタイトル逃したのは過去2回だけ

フットボールチャンネル

首位独走のマンC、優勝の可能性高まる? 2位と勝ち点差10でタイトル逃したのは過去2回だけ

【エバートン 1-3 マンC プレミアリーグ第16節】

 プレミアリーグ第16節、エバートン対マンチェスター・シティの試合が現地時間17日に行われ、シティが3-1の勝利をおさめた。シティは2位を突き放して首位を独走しており、今季プレミアリーグで優勝する可能性が高まっている。

 32分、リヤド・マフレズのクロスは相手に跳ね返されるが、こぼれ球を拾ったフィル・フォーデンが先制点を決めた。だが、32分にリシャルリソンにゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。それでも63分にリヤド・マフレズが得点し再び勝ち越し。77分にはベルナルド・シウバもゴールを決めて、シティが3-1の勝利をおさめている。

 この結果、シティは勝ち点を積み上げて56に。2位との勝ち点差が10にひろがっている。サッカーのデータ分析を手がける『Opta』によると、10ポイント以上のリードで優勝を逃したのは、1995/96シーズンのニューカッスルと、1997/98シーズンのマンチェスター・ユナイテッドの2回だけだという。シティは公式戦17連勝と波に乗っており、プレミアリーグのタイトルを獲得する可能性は高そうだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル