top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

国内外から絶賛の声!鬼才・湯浅政明監督が手がけたアニメ『映像研には手を出すな!』が独占配信中

テレビドガッチ


女子高生によるアニメーション制作を題材にしたテレビアニメ『映像研には手を出すな!』全12話が、FODで独占配信中。国内はもちろん、海外での評価も高い同アニメの魅力を振り返る。

2020年1月クールに放送された本作は、「月刊!スピリッツ」(小学館)で連載中の大童澄瞳による同名コミックを原作に、3人の女子高生がアニメ作りに奮闘する姿を描いた青春物語。独特な世界観やポップでテンポ感のある演出が大きな話題となり、同年には乃木坂46の齋藤飛鳥主演でドラマ化や映画化もされた。

放送終了直後の2020年4月には、放送批評懇談会が優秀な番組を表彰するギャラクシー賞の月間賞に選出。また、アメリカの「ニューヨーク・タイムズ」や「ザ・ニューヨーカー」では「2020年のベストテレビ番組」に選ばれるなど、国内外から絶賛の声が相次いだ。さらに、2021年3月に開催される「東京アニメアワードフェスティバル2021」では、「アニメオブザイヤー部門」の「みんなが選ぶベスト100」で1位に輝くなど、アニメファンからも絶大な支持を受けている。

第1話「最強の世界!」では、アニメ制作を夢見る高校1年生の浅草みどり(CV.伊藤沙莉)と、儲けることが大好きな同級生の金森さやか(CV.田村睦心)が、読者モデルでアニメーター志望の水崎ツバメ(CV.松岡美里)と出会い、意気投合するというストーリーが展開。新しく映像研究同好会を立ち上げた3人は、予算審議委員会や文化祭で発表するために、周囲を巻き込みながらアニメ作りに邁進していく。

空想家でべらんめぇ口調の主人公・浅草を中心とした個性的なキャラクターたちが、現実と空想の世界を行き来しながらアニメを作り上げていく様子は、放送時から大きな反響を呼び、SNS上では初回からトレンド入りするほどの注目を集めた。

浅草の声を担当した女優の伊藤沙莉は、本作がテレビアニメの声優初挑戦とは思えないほど役とマッチした演技を見せており、作中でも圧倒的な存在感を放っている。

また、本作の監督を務めた湯浅政明監督は、これまでもテレビアニメ『四畳半神話大系』や『ピンポン THE ANIMATION』(共にフジテレビ系)、劇場用アニメ『夜は短し歩けよ乙女』や『夜明け告げるルーのうた』などの話題作を手掛け、高い評価を得ている天才肌のクリエイター。2019年に劇場公開された『きみと、波にのれたら』は、シッチェス・カタロニア国際映画祭の長編アニメーション部門で最優秀賞を受賞するなど、数々のアニメ賞を獲得している。

アニメの初回放送からほぼ1年。今だからこそ、原作コミックの良いところをそのままに、湯浅監督ならではの演出が冴え渡る本作を視聴してみてはいかがだろう。

なお現在、FODでは原作コミック全5巻の電子書籍も配信中。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル