top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「NiziUって二重跳びのこと?」TOKIO松岡昌宏の独特過ぎる解釈に森七菜が苦笑い「話が始められない」

テレビドガッチ


森七菜と堀田真由が、2月17日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00~)に出演。「若い人に嫌われたくない」という松岡昌宏が繰り出す「おじさん行動」に若者の視点から次々とツッコミを入れ、視聴者からも「松岡オジサン」「まぼのおじさん発言が面白すぎる」と突っ込みの声が上がった。

同番組は、TOKIOメンバーとゲストが、駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームやトークなどを展開するバラエティ。

「俺たち……これからどうしたらいい?」というお題のカードを引いた堀田に対して、「(若い人に)嫌われたくない」と松岡。「コレをしたらおじさん、という行動を教えてほしい」と切り出す。「LINEやってますか?」と尋ねる堀田に、松岡は「やってます! 半年もやってます!」とドヤ顔を見せ、「そんなドヤ顔で言うことじゃないよ!?」と国分太一に突っ込まれる。

「目上の方はLINEを長文で送られてくることが多い」という堀田は、「若い子は短くして送ってくるので、(一文を)短くしたほうがいい」と松岡にアドバイス。「何行以上はダメ?」という松岡に、「1行で返すので。2行、3行……長っ!」と堀田。これに松岡は「1行って何文字!?『こんにちは』で終わっちゃうじゃん」と不満顔を見せる。「メシ行こうよってなったら、『こんにちは! 何月何日……』」と松岡はメッセージを綴ってみせ、国分が「その話も長いよ」とピシャリ。

「長文だと重い、みたいな感じかな?」と尋ねる長瀬智也に、「勢いが……すごいご飯行きたいの? みたいな」と堀田。「長瀬と国分は短文なの?」という城島茂の言葉に松岡は「アンタ、すっごい長いよ! こないだ28行くらいの来たよね!?」と国分を指差すが、国分は「仕事のインフォメーションだよ」と反論。「使い分けてるよ、俺も」と腕を組みながらプンプンとした表情で返し、スタジオに笑いが起きる。

「みなさん『NiziU踊って』って言われて何を踊りますか?」と森。聞き慣れない言葉にTOKIOは全員沈黙してしまう。たまらず国分が「おいおい!」と声をあげ、松岡に「なんとなく想像して踊って」と無茶振り。松岡は「えー! 見たことないかもしれない」とつぶやきながら、ネーミングだけをもとに想像で「NiziUダンス」を披露する。

松岡は突然顔の前でパンパンと両手をたたき、ぎこちなくウサギ跳び。メンバーは「初詣だ! ウキウキ初詣!」と一斉に突っ込み、森は口元をおさえて必死に笑いをこらえる。「縄跳びのダンス」とヒントを与える森に、松岡は「NiziUって、二重跳びのこと?」と返し、思わず森はキョトン。「縄跳びダンスがみんなできると思っていて……話が始められない」と困惑した表情を見せつつ、「いちばん最新のダンスがあるから、そっちを踊ったほうがカッコイイ」とアドバイス。いまNiziUでもっとも新しいという「うさぎダンス」を紹介する。

インターネット上では「松岡オジサンのNiziUの解釈ワロタw」「NiziUって二重跳びのこと!? って松岡さん最高wwwww」「まぼのおじさん発言が面白すぎる」と突っ込みの声が。22歳という若さながら落ち着いた雰囲気を見せる堀田にも「堀田真由ちゃん落ち着きすぎだろ凄い友達になりたい 本当は28歳とかだろ22歳とか信じられない」と感心の声が上がっていた。

次回2月24日放送では、堂本光一(KinKi Kids)が登場。TOKIOへの思いを熱く語る。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル