top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大坂なおみ、全豪4強入りの原動力「195kmサーブ」を生んだ“腹ぽちゃ”肉体改造

SmartFLASH

 今大会で大坂は、ほかにもいい意味で周囲の予想を裏切ったことがある。「脂肪もいとわない、攻めの “体重アップ” ですよ」と語るのは、スポーツ紙記者だ。

 

「大坂は、エキシビションマッチでセパレートタイプのウエアを着ていました。そこで注目を集めたのが、大坂の『おなか』です。柔らかな脂肪に包まれたおなかが、ぶるんぶるんと揺れていたんです。

 

 2019年に大坂が全豪OPを制し、世界ランク1位になった際は、彼女はハードなトレーニングで体を相当絞っていました。そのため今回は、調整不足なのではないかと心配されていたのです。しかし、ふたを開ければ時速195kmの豪快サーブがこの体のおかげで繰り出されています。むしろ、この “肉” 体改造は大成功でした」

広告の後にも続きます

 

 前出の井山氏も、大坂のボディを絶賛する。

 

「たしかに、二の腕も太くなっているし、全体的に体が大きくなった印象はありますね。でも、それがオーバーウエイトだとは思いません。その証拠に、フットワークが素晴らしく、届かないと思ったボールにも鋭く反応しています」

 

 大坂のフットワークの進歩には、2020年6月に専属トレーナーに就任した中村豊氏(48)の存在が大きいという。同氏は、かつての世界ランク1位、マリア・シャラポワ氏(33)のトレーナーを務めたことでも知られている。

 

「彼が担当するようになって体は大きくなったのですが、それと同時に体が柔らかくもなっています。踏ん張るときに股を大きく広げられるようになり、以前は無理だったボールにも追いつくことができるようになったんです」

 

 もうひとつ、井山氏が今大会の大坂の特徴として挙げるのが「踏み込みの強さ」だ。

 

「全豪のようなハードコートでは、踏み込んだときに足元が『キュッ、キュッ』と鳴ることがありますが、これは強く踏み込まないと鳴らない音です。

 

 今大会で、大坂の足元からこの音がよく出るんです。それだけ強く踏み込めているということです。逆に、怪我とコロナから復活した錦織圭(31・全豪1回戦負け)は、この音が少なかったです」

 

 大坂には、世界の女子テニス界で頭ひとつ抜け出す実力があると、井山氏は断言する。

 

「大坂は、体が大きくなったことで、パワーもさらにつきました。サーブ、フォアハンド、バックのすべてで力強さが増しています。このままいけば、1990年代前半にグランドスラム9勝を果たしたモニカ・セレシュ氏(47)の領域にいけるかもしれません」

 

“腹ぽちゃスマッシュ” で、天下をとれ!

 

写真・AFP/アフロ

 

(週刊FLASH 2021年3月1日号)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル