top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

岡田結実“仙夏”&前田公輝“鳥居”が婚約!蔵地は結婚に大反対で…

テレビドガッチ


岡田結実が主演を務める木曜ドラマF『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)第7話が、2月18日に放送される。

江戸時代からタイムスリップしてきた花魁・仙夏(せんか/岡田)が、令和の東京を舞台に繰り広げるハートフルなラブコメディ。

前回放送の第6話では、鳥居(前田公輝)のプロポーズシーンが話題に。SNS上では「とにかく胸キュンを超えて、胸が爆発しました」「予想のはるか斜め上、成層圏突破レベルに素晴らしいプロポーズでした……鳥居社長の恋の炎でオタクのハートはバーンアウトよ……もうダメ」との反応があった。

<第7話あらすじ>
仙夏(岡田)は、東京に残って鳥居(前田)の妻になると決意。早速、鳥居は仙夏にダイヤモンドの婚約指輪をプレゼントする。初めて見たダイヤモンドの輝きに「キレイだねえ……」と仙夏はウットリ。

仙夏の婚約を知った雄彦(田中直樹)と寿乃(山口まゆ)は、ビックリ。完全にフラれてしまった長兵衛(一ノ瀬颯)は、ショックを受ける。蔵地(葉山奨之)は、仙夏と鳥居の結婚に大反対。鳥居はIT企業のイケメン社長としてマスコミに取り上げられる機会も多く、彼の妻が身元不詳の女性では世間に騒がれる可能性が高い。そうした蔵地の主張に鳥居も納得し、仙夏との結婚は秘密にすると言う。仙夏の結婚を止めようとして理屈をこねた蔵地だったが、鳥居の意志は揺るがない。鳥居は、一週間後に仙夏との生活を始めたいと言う。

「あたしは鳥居の旦那に嫁ぐんだ」と、鳥居にふさわしい妻になるために努力する仙夏。彼女は、鳥居が小出という記者から取材を受けている最中、妻として挨拶しようとするが……。

鳥居は仙夏を連れて、セレブが集まるホームパーティに出席する。仙夏は、鳥居の友人として社長夫人の麗子と愛理に紹介される。麗子と愛理は、今まで出会ったことのないタイプの仙夏に興味を持つ。2人と仲良くなった仙夏は、一緒に遊び歩くように。

仙夏の結婚の準備が着々と進む中、蔵地は仙夏へのどうしようもない思いを持て余す。そんな蔵地に泉美(吉谷彩子)は、仙夏と鳥居を応援してあげようと告げるのだった。

仙夏、蔵地、泉美、鳥居のせつない思いが交錯する。そして、仙夏が蔵地家を離れる日に、ある事件が起こってしまう……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル