top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

映画化決定発表の『100ワニ』、豪華メンバーが集結も批判が殺到した理由は

リアルライブ

 昨年、SNS上で連載され社会現象を巻き起こした4コマ漫画「100日後に死ぬワニ(100ワニ)」が、タイトルを「100日間生きたワニ」に改題してアニメ映画化され、5月28日に公開されることを、各スポーツ紙などが報じた。

 「100ワニ」は、原作者きくちゆうき氏のTwitterに100日間毎日投稿され、ワニの日常を綴った4コマ漫画。2019年12月12日の投稿開始から話題となり、2020年3月20日に迎えた最終話では、「いいね」の数が214万というTwitterの国内歴代最多数を記録した。

 各紙によると、映画の監督・脚本は大ヒット映画「カメラを止めるな!」(17年)の上田慎一郎監督と、「こんぷれっくす×コンプレックス」(15年)などでアニメーション監督としても活躍する、ふくだみゆき監督の夫妻が担当。ワニの100日間の日常と、ワニが死んでから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後も描かれるという。

 ​>>「100ワニのパクリ」の声も? 絵本作家のぶみ氏「49日でおばけは消える」SNS連載開始、ツッコミ殺到<<​​​

 今作では、主人公のワニの声を神木隆之介が演じるほか、親友のネズミを中村倫也、モグラを木村昴、ワニが恋するセンパイを新木優子がそれぞれ担当。人気バンド・いきものがかりが、4コマ漫画完結時のコラボに続き、新たな書き下ろし主題歌を提供するという。

 注目の作品になりそうだが、ネット上では《私は観に行かないと思います》《結局 金 なんだよね》《最終回直後の商魂大ヒンシュクで一気にファン離れした》などと批判や手厳しい声が続出。しかし、それには理由があるようだ。

 「読者たちの最終回感動がまだ冷めやらぬ中、いきものがかりとのコラボムービーが公開され、さらには映画化やグッズ販売、ポップアップストアのオープンなど、さまざまなメディアミックスの展開が矢継ぎ早に発表され、読者をしらけさせてしまった。後に作者が弁明したが手遅れだった」(出版業界関係者)

 公開前から何やら暗雲が漂ってしまったようだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル