top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「のっぺら坊になった経緯が思いのほか凄惨…」ヤングジャンプ11号『ゴールデンカムイ』、ウイルクはなぜ顔を失ったのか

ダ・ヴィンチNEWS

『週刊ヤングジャンプ』11号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。

「顔は超好みなのに性格が死ぬほど無理」性悪イケメン・禪院直哉の登場に読者大盛り上がり!/ジャンプ11号『呪術廻戦』

 2021年2月10日(水)に発売された『週刊ヤングジャンプ』11号。『ゴールデンカムイ』第268話ではウイルクが“のっぺら坊”になった経緯が垣間見え、読者から「常軌を逸してる」「怖すぎるよ、ウイルク…」といった反響が相次いでいる。

 ここで言う“のっぺら坊”とは、かつて網走監獄に収監されていた囚人。顔の表面を失っていることから“のっぺら坊”と呼ばれていたが、のちにその正体がアシリパ(リは小文字)の父親・ウイルクだと発覚した。

 迎えた今回のエピソードでは、ウイルクの過去が明らかに。アイヌの人々から絶大な信頼を得て、金塊探しを続けるウイルク。彼が金塊の手がかりを探しに出ている頃、鶴見中尉らはシロマクル(ルは小文字)というアイヌのもとを訪ねていた。

広告の後にも続きます

 そして去り際に鶴見中尉は、ウイルクが帝政ロシアに反目するゲリラであることを暴露。「彼はロシアでの革命運動の資金として アイヌの金塊を探しに北海道へ来た」と告げるとたちまちアイヌたちに話が広がり、ついには内部分裂による殺し合いが起きてしまう。

 加えて同話のラストでは、鶴見中尉が「(自分の過去をバラした者たちが追ってくると悟ったウイルクは)自ら皮を剥いで他人の生首にかぶせ 自分の死を偽装したのだ」と語る描写が。その前のコマには偽装されたウイルクの生首が転がっており、ネット上に「自分で皮を剥いだの!?」「痛い痛い痛い!」「のっぺら坊になった経緯が思いのほか凄惨…」などのコメントが続出した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル