top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

BACK-ON、新作アルバム『Flip Sound』発売! “今の2人体制の音を鳴らす、表現するモノにしたかった”

OKMusic

メジャーデビュー15周年というアニバーサリーイヤーと迎えたBACK-ONが、アニメやゲームといったタイアップ曲や初期の楽曲を中心としたセルフカバーを収録したDisc1、2人体制になった以後に配信限定で発表した3作品をまとめたDisc2という2枚組の新作『Flip Sound』を完成させた。

過去に感謝しながら未来へ進むというテーマを掲げていることもあって、今のサウンド感でよりブラッシュアップされた既存曲は鮮明な色付けをされており、発表済みの3作品も含め、現在進行系の彼らがどういったスタンスで突き進んでいるのかがわかりやすくパッケージされている。ベストアルバム以上に名刺代わりといえる存在であり、キャッチーで間口は広いながらも、研ぎ澄まされたサウンドという彼らの真骨頂を改めて存分に味わえるだろう。

節目を迎えた現在の心境から新作への向き合い方、コロナ禍において何かを考えてきたのか。KENJI03とTEEDAの2人にじっくりと語ってもらった。

変わったいうより、 また一周して戻ってきたみたいな感じ。もちろん、その分、強くなってる

──昨年10月19日にメジャーデビュー15周年を迎え、アニバーサリーイヤーがスタートしました。まずは、節目を迎えた率直な気持ちを教えていただけますか?

KENJI03:僕たちは長くやるというよりも、とにかくガムシャラにやってきて、気づいたら15年も経っていたという感覚なんです。だから、周りの人たちのサポートがあってこそだし、こうやってメジャーレーベルに15年はいさせてもらうのは凄いことじゃないですか。ホントに感謝しかないですね。

TEEDA:僕も同じですね。結果が出なかったり、上手くいかなかったらバンドをやめて他の道を考えたりもするんでしょうけど、僕らはこれしかないんですよ。だから、必死に「何かプラスになるんじゃないか?」といろんなことに手を伸ばし、駆け抜けてきて。その間、たくさんの人にお世話になったりもしたから。

──先々のことを考えて動いてたというより、目の前にあることへ挑み続けた、と。

TEEDA:昔からそうなんですけど、「何年か後にこうなっていよう」みたいなことは一切考えてなくて。どうなるかはやってみたいとわからないし、目の前にあることへ向き合い続けてきたんですよ。

──明日の為に今日をどう生きるか、という。

KENJI03:いや、ホントにそうかも。ただただ必死でしたから。もちろん、振り返れば辛い時期やたいへんなこともありましたけど、今はそれすらも肯定できるし。ああいった経験があったからこそ、今の自分たちがいると思えますね。

──この15年で印象深い出来事をパッと挙げるとするなら?

KENJI03:個人的にはBAReeeeeeeeeeN(※GReeeeN、BACK-ON、JINによる期間限定ユニット)をやってたときですかね。プレッシャーもあったし、いろんな人からワーッと言われたりもして、自信をなくしてた時期だったんです。あのとき、やめそうになったけど、やめなかったからこそ、今がある。ひとつのターニングポイントかなと思いますね。ああいった辛いことを乗り越えたから、落ち込んでる後輩にもちゃんとアドバイスできる自分になれた気がするし。

TEEDA:あのころは、(プロジェクトに)関わった大人もホントに多くて。ああでもないこうでもないと言われるんだけど、「この人は誰なんだろう?」と思ったこともあったし(笑)。

──大きいプロジェクトでは関わる人がグッと増えますからね(笑)。

TEEDA:そうなっていくと、自分を見失っちゃうというか。「何をやりたいのか?」とか「僕じゃなくてもいいんじゃないか?」みたく考えるようにもなっちゃうし。今となってみればいい経験なんですけどね。

KENJI03:実際、自分たちだけ(の視点)じゃないサウンドを取り入れられるキッカケにもなったりして。ひとつひとつのことが今の自分たちの力になってるんですよね。

──お互いに変わってきたなと思うようなこともありますか?

TEEDA:僕、めっちゃありますね。KENJI03とはバンドを組む前からの仲なんですけど、昔はお調子者だったり、慌てん坊なイメージ。でも、ずっとBACK-ONのトップラインを作り続けてきて、僕からすると「もう追いつけない」っていうぐらいまで(音楽を)突き詰めてるんです。昔の三枚目な感じが見えないから、ちょっと突っ込みづらいところもあるぐらい(笑)。こんなにストイックだったかなと思うぐらいの変化を感じますね。頼り甲斐があるというか、頼りにしちゃうし。女だったら抱かれてますね(笑)。

KENJI03:ハハハハ(笑)。TEEDAは、素の部分というか、高校のときに戻ってるようなところを今は感じてて。(周りから)どう見られてるのか気にするタイプだったはずなのに、自然体でいられるようになってるな、と。そこは僕もそうなんですけど。

──いろんなことを経験してきたからこそ、自然体でも胸を張れるようになったような。

KENJI03:だと思いますね。だから、変わったいうより、また一周して戻ってきたみたいな感じ。もちろん、その分、強くなってるという。

TEEDA:以前の4人体制のときは、ひとりひとりがライバルみたいな感覚だったんですよ。お互いに勝ち気さがあったというか。でも、今は「ここは力になれるな」や「あそこは頼ろう」みたく、素直な気持ちになれていて。エネルギーの使い方に無駄がなくなったようにも感じますね。

新作って企画モノじゃなくて、 背負うつもりで作った

──アニバーサリーイヤーを駆け抜けるべく、昨年は蓄える時期だったと思いますが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあって、日常生活すら制限されることが多かったと思います。そういった中でモチベーションはどうやって維持していましたか?

KENJI03:コロナの影響があって、ライヴもなかなかできない中、僕らはいつでも動き出せるようにずっと曲作りをしてたんです。先々まで予定が決まってたわけじゃないけど、それこそライヴが来週ありますと言われてもいいような心構えで過ごしてましたね。

──エンジンを完全に切ることはなく、常にアイドリング状態。

TEEDA:たぶん、凄く暇だったらちょっと怖くなってたと思うんです。KENJI03はBACK-ONの曲のみならず、作家としても活動してるし、僕もラップの提供とか、影響を受けたラップを歌ってみた動画をアップしてみたり、そうやって隙間をなくしていったことがモチベーションの維持につながったのかな、と。引き出しを増やすことにもなりましたし。

──となると、ふさぎ込むようなことはなかったんですね。

KENJI03:そうですね。もちろん、早くコロナは落ち着いて欲しいけど、それだけを考えることもなくて。過去ばかり振り返ってもしようがないじゃないですか。オンラインライヴだったり、新しいツールを僕らがどう使うのか。そうやって前を向いて、新しい扉に挑戦することがチャンスにもなるだろうし。

──できないことをどう補うかではなく、新しく開いた可能性に目を向けた。

KENJI03:そうです、そうです。どう考えても、時代の流れには逆らえないし。例えば、レコードがカセットになり、CDへと変化していったように、ライヴのスタンスや音楽の聴き方も変わっていきますからね。

TEEDA:それこそ、僕らは海外でライヴをやる機会も多く、いろんな国にファンがいるのもあって、世界中の人が一斉に観れるオンラインライヴはチャンスのひとつだと思ってるんですよ。

──そして、アニバーサリーイヤーの一貫として、セルフカバーをまとめたDisc1、2人体制になってから配信で発表した作品をまとめたDisc2という2枚組の新作が完成しました。
KENJI03:僕らは今、過去に感謝しながら新しいサウンドへ向かうというテーマがあるんです。せっかくのアニバーサリーイヤーですし、過去の曲たちを今のサウンドで録り直すというのがスタンスともリンクしてるなと考えたんですよね。

TEEDA:やっぱり、ライヴでも過去の曲は求められるし、「2人でやったらこうなるよ」というのも伝えたかったから。

──面白い2枚組ですよね。一見、ベストアルバムっぽいけど、そうではないという。

KENJI03:過去を振り返りつつ、現在として表現してるのがDisc1、現在進行系がDisc2。面白いですよね。今、話をしてて改めてそう感じましたよ。あと、そもそもなんですけど、セルフカバーってあんまり好きじゃなくて。

──今回、思いっきりセルフカバーですけど(笑)。

KENJI03:そうなんですけど(笑)、演奏力が上がってても情熱感がないパターンってあるじゃないですか。

──ありますね、そういうことも。

KENJI03:キレイに録音されてるけど、何か物足りないみたいな。結局、オリジナルバージョンが好きっていうファンも多かったりするし。だから、そういうのはやめようと最初に話してて。技術の向上がわかるだけの作品なら意味がないわけだし。TEEDAも言ったように、今の2人体制の音を鳴らす、表現するモノにしたかったんですよ。ニュアンスとしては、セルフカバーとリミックスの中間って感じですかね。

TEEDA:あ〜、その表現がしっくりくるかも。

──基本的にはオリジナルバージョンの良さや空気感を大事にした仕上がりになっていますよね。

KENJI03:そうですね。ただ、「STRIKE BACK」なんかだと、もっと尖らせたい、エッジを立たせたいというのがテーマとしてあったので、サビに入ってたシンセの音を排除して、シンプルな構築にしてみたり。そういうアプローチはしましたね。

──今回は初期の曲をかなりセレクトしてるじゃないですか。改めて昔の自分たちを向き合って、気恥ずかしさみたいなのもあったのかなと。

TEEDA:ありましたね。例えば、「OVER」はいちばん最初に作ったぐらいの曲なんですけど、歌詞を読み直すとひと区切りずつに「壁を超えろ」みたいなことを書いてて。テーマとしてはわかるんだけど、「なんでこんなに連呼してるんだろう?」と(笑)。あと、歌い直してみると、どうしても出せない声があったりもして。1時間ぐらい何回も歌ってたら、ノドがガラッガラになったりしましたから。

──表現や技術は今の方が高いはずなのに。

TEEDA:感情的な部分を表現するのが難しくて、それはヤバかったですね。

KENJI03:そういう青さもあるから、初期の曲は好きなんですよ。今、同じような曲を作れと言われても無理だし。今回、DVD付きのバージョンもリリースしたんですけど、そこにはインタールード的に昔の映像を入れてて。まさに「OVER」や「アルティメット足立」をやってた初期の時代で、お客さん誰ひとりとしてノッてないライヴ映像があるじゃないですか(笑)。

──ありましたね(笑)。

KENJI03:自分たちが全力で楽しんで、思いっきりぶつけてるだけの姿が凄くピュアで、それがいいなと思いながら観てたんですけど、あんなことができたのってあのときだけ。だから、セルフカバーをやると決めたとき、その時代の曲たちをまずは選抜しちゃいましたね(笑)。「STRIKE BACK」や「ニブンノイチ」なんかだと、ある程度は完成された時代の曲なんで、そこまで大幅な変化はないだろうけど、あの初期の曲を今の自分たちがアレンジしたら絶対に良くなる、面白くなるだろうなと思ったし。

──リアレンジしてみて、印象深かった曲を教えていただけますか?

TEEDA:僕のことっていうより、KENJI03を見てて印象深かったのが「flower」なんですよ。ファンからも人気が高く、ライヴでもよくやってるから歌入れはすんなりと終わるかなと思ってたけど、凄く時間がかかって。「どうしたの?」と聞いたら「もう、わかんない」って言ってて。

KENJI03:さっきの話に通ずるんですけど、技術だけでカバーするのは嫌だったんですよね。それに、みんなはオリジナルバージョンを聴いてからこのセルフカバーを耳にするわけだから、「やっぱり、オリジナルがいいね」とは言われたくなかったし。

──包み込むようなニュアンスや空気感が大事な曲ですしね。

KENJI03:「flower」はBAReeeeeeeeeeNとかをやってた時代の曲なんで、まさに自分が葛藤してたど真ん中(笑)。歌いながら思い出しましたね。結果としては、凄くいいテイクになったかなとは思ってます。

──KENJI03さんはいかがですか?

KENJI03:今回、僕がメインでリアレンジをさせてもらったので、全部が印象深いんですけど……やっぱり、対オリジナルっていうのがキツかったから。そういう向き合い方って、あんまりなかったというか。

TEEDA:それはそうだよね。

KENJI03:Disc2にも収録されてますけど、ミニアルバム『rebirth』で「Chain」をリアレンジしたとき、意外とスムーズだったんです。だから、大丈夫かなと思って制作を始めたら、結構挫折しがちだったというか(笑)。オリジナルバージョンを超えるつもりではやりたくないけど、聴く人は良し悪しっていうシンプルな判断だから、今の自分たちが考えるアレンジがどう響くのか。そこを考えていくのがたいへんな作業だったりもして。

TEEDA:既存のファンにはもちろん、初めて聴く人たちにも「この曲いいよね」って感じてもらいたいですから。

──そう考えると、ベストアルバム以上に名刺代わりの作品になってますよね。過去を背負ったBACK-ONのサウンドがDisc1にあって、ここ数年で積み上げてきたサウンドがDisc2にあるわけですし。

KENJI03:そこですかね、いちばん難しかったのは。この新作って企画モノじゃなくて、背負うつもりで作ったから。

2人で共有したモノを突き詰めて、 純度が高くなってる

──また、そのDisc2には2人体制になり配信で発表した3作品がリリース順にそのまま収録されています。

KENJI03:単純にCDとしてはリリースできてないのもあって、収録することにしたんです。サブスクを利用してない人たちにも聴いて欲しいなという想いがあり、形が変わらないようにもしましたね。2人体制の軌跡じゃないですけど、ストーリー的にもこれがいいだろう、と。

──3枚それぞれに意味がありますしね。EP『NEW ERA』は決意、EP『CHOP KICK TURN』はルーツ、『rebirth』は過去のBACK-ONを背負いながら、今のBACK-ONを打ち出しているという。

KENJI03:まさにそのとおりですね。だから、「今はこれだよ」というのがわかりやすくまとまってると思ってます。

──しかしながら、Disc1とDisc2を聴いていくと、軸となる部分は変わってないなと感じますよ。

KENJI03:やっぱり、大事なのはメロディーだとずっと考えてるし、そこは変わってないですからね。より自分たちのオリジナリティを求めて、サウンドは尖らせる方向になってますけど、落とし込みたいのは(音楽シーンの)ど真ん中。自分たちのルーツもそこにありますから。

TEEDA:それこそ、KENJI03が歌えば、サウンドが凄くヘヴィだとしても、ポップスに落とし込まれるというか。サウンドだけに注目して聴いていくと「こんなに悪そうな音だったの!?」みたいなこともあるぐらい。

──そこはBACK-ONの長所ですよね。キャッチーで聴きやすいのに、実はかなりエグいことを歌ってたり、やってたりするっていう。

KENJI03:それに昔よりもサウンドの説得力も増してると思うんです。

TEEDA:いろんなことが分散しなくなってるというか。2人で共有したモノを突き詰めて、純度が高くなってるから。

──CDには未収録ですが、購入した人へスマプラというサービスを利用して新曲「Down」を届けるんですよね。

KENJI03:せっかくの機会なんで、最新の曲も入れたいなと決めました。最初、2人体制になってわりと攻めたアッパーな曲が目立ってる気がしたんで、バラードを作ろうとしたんです。ただ、一向にできないなと考えてたとき、子供と一緒にハマってるWWE(※世界最大のプロレス団体)を観てたら、そこでかかってる激しい曲がめちゃめちゃカッコよくて。

──KENJI03さん、プロレス大好きですよね。

KENJI03:それこそ、気づかないうちにプロレスを通して音楽を知ったぐらいですからね。ブルーザー・ブロディのツェッペリンの「移民の歌」、ロード・ウォリアーズでサバスの「アイアンマン」とか、知らぬ間に叩き込まれた(笑)。

TEEDA:もう刷り込まれてるんだね(笑)。

KENJI03:で、パッとギターを弾いてみたら、あっという間にこの「Down」が形になったんです。ただ、バラードを作るって言ってたから、そこが大丈夫かなと心配でしたけど(笑)。

TEEDA:僕はバラードがくる心構えだったから、いろいろ想定してたんです。「こういう歌詞だったらラップは新しい感じでああして」みたく。ただ、実際に聴いてみたら「全然違うじゃん!」って(笑)。

──そりゃ、そうなりますよね(笑)。

KENJI03:やっぱり、今はコロナの影響もあって、ストレスが多いじゃないですか。その怒りが出てきたんでしょうね。みんなでこの状況を打破して未来へ突き進みたくなったし。

──体全体をグッと持ち上げてくれるグルーヴもありますし、痛快な仕上がりだと思いました。

KENJI03:こういう作り方がいちばん自然だと思うんですよね。何かに向けて作るのもいいんですけどパッとフィーリングで生まれたモノというのは説得力もあるし、サウンドもカッコいいから。

TEEDA:10代のころって、ほとんどがそれなんですよ。技術や経験が増えてくると、それが難しくもなってくるんですけど。

──それこそ、新作のタイトルにもなった、BACK-ONが結成当時に利用していたリハーサルスタジオFilp Soundで練習していたころ?

KENJI03:そうですね。今みたいなDTMじゃなくてMTRの時代でしたけど、そのMTRすら使い方がよくわからなくて(笑)、とりあえずその場でギターを弾いて、当時のドラムに「Bメロで落ちてラップ!」とか口で説明してたりして。

TEEDA:そうそう! アイコンタクトで「そこは縦(のリズム)!」って伝えようとしてたり(笑)。

KENJI03:リフだけ持っていって、あとはジャムセッションで作ってたりしてたけど、それが自然体な作り方というか、僕らはそこから始まってますから。

──また、DVDには昨年12月13日に開催された無観客オンラインライヴの映像も収録されてますよね。ただライヴの模様を配信するのではなく、MV的なアプローチで始まったり、ワンカットで撮影されるのも臨場感たっぷりですし。

KENJI03:普通にライヴするだけならやらなくてもいいかなと思ってたんです。で、やるならばみんなを驚かせるような仕掛けをしたくて、ああいったアプローチにしてみました。

TEEDA:もしかしたら、「これはライヴじゃねえじゃん」って思う人もいるかもしれないけど、オンラインライヴならこっちの方がいいと言ってくれる人も多くて。

──通常のライヴをオンラインで楽しむという妥協案ではなく、オンラインだからこそできるアプローチですよね。

KENJI03:そうなんですよ。そういった意味では新しい可能性も感じたし。今の現状を受け入れて、できることの可能性を追求した方がいいと思ってますね。

──まだまだ見通しが立たないところもありますが、アニバーサリーイヤーをどう進んでいこうと考えていますか?

KENJI03:今、できないことが多いからこそ、新しいことを考えられると捉えていて。僕らは僕らのやり方というか、スタンスで臨みたいです。以前だったらリリースしてツアーという流れだけだったのが、選択肢が増えたことによって、自分たちにとっていい環境が作れるかもしれないし。

TEEDA:実際、有観客で100%じゃないライヴをやるっていうのも凄くわかるし、それはそれでいいと思うんです。ただ、僕らはそこじゃねえんだ、っていう。BACK-ONらしい何かを探したり、挑戦する方が有意義かなって。

──2人体制でバンドを続けることを決めたのも、妥協せずに尖らせたいという想いがあるからこそでしたし。

KENJI03:今回、この新作はミックス以外のほとんどを自分のスタジオで完結させたんです。それって、コロナの影響がなければ考えつかなかったし、ここまでサウンドを突き詰めることもしなかったかもしれない。そういったことから考えると、自分たち次第でやれることはまだまだあるんですよね。

TEEDA:ライヴができないならできないで、曲をガンガン作って、コロナが落ち着いたときにすべての武器を持ってる状態になってればいいかな、と。

KENJI03:ワクワクしつつ、ワクワクさせるような1年にしていきたいですね。

取材:ヤコウリュウジ


アルバム『FLIP SOUND』

2021年2月17日(水)発売

広告の後にも続きます

【AL2枚組+DVD】(スマプラ対応)
CTCR-96014~5/B/¥6,700+税
【AL2枚組】(スマプラ対応)
CTCR-96016~7/¥3,700+税
<収録曲>
■Disc-1
1.Butterfly
2.STRIKE BACK
3.flower
4.flyaway
5.ニブンノイチ
6.DRIVE
7.Sands of time
8.a day dreaming…
9.BLAZE LINE
10.NEW WORLD
11.ヒカリサスホウ
12.OVER
13.INFINITY
14.Believer
15.アルティメット足立
■Disc-2
1.Clown
2.Carry on
3.Laugh now
4.Misty rain
5.Knock knock
6.WILD THING
7.Wannabe
8.Good morning
9.Switch
10.rebirth
11.three two one
12.TOKYO BE-BOP
13.Shall we dance
14.Chain2020
+新曲(スマプラで追加、盤未収録)
■Disc-3 DVD
「Bring the Noise Vol.3」
M01.Bring the Noise
M02.Clown
M03.Misty rain
M04.DRIVE
M05.愛言葉
M06.TOKYO BE-BOP
M07.READY SET GO!
M0.セルリアン
M09.ROCKSTAR ANTHEM
M10.with you
M11.ニブンノイチ
M12.flower
■MUSIC VIDEO
Clown
Good morning
three two one
Switch
TOKYO BE-BOP
Shall we dance
Chain2020

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル