top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

コロナ禍でも「折れない心」をつくるには

BOOKウォッチ

「折れない心」をつくるたった1つの習慣(青春出版社)<amazonで購入>

 植西聰(うえにし あきら)さんの『「折れない心」をつくるたった1つの習慣』は、68万人に読まれて10年になる。

 時代は大きく変わり、植西さんは「なんとなく、世の中全体に不安感がまん延している」「令和の時代にはますます『折れない心』が求められる」と感じている。

 本書『前を向く力を取り戻す 「折れない心」をつくるたった1つの習慣』(青春新書プレイブックス)は、2011年に刊行されたものの「新版」。時代の変化に沿う内容を新たに追加している。

 「心が折れやすい人には、マジメな人や、優しい人が多いのです。(中略)今でも十分に魅力がありますが、もし、もっと心を強くしたいなら、そのための方法がある。考え方を少し変えるだけで、生きることがずいぶんとラクになる」

心にもストレッチが必要

 植西さんは学習院大学卒業後、資生堂に勤務。独立後、「心理学」「東洋思想」「ニューソート哲学」などに基づいた人生論の研究に従事した。1986年、20年間の研究成果を体系化した「成心学」理論を確立。人々に喜びと安らぎを与える著述活動を開始した。

 「心にもストレッチが必要です」――。本書は、折れやすい心を鍛え、打たれ強い自分になるための習慣を紹介している。新たに追加した1・2章は、コロナ禍を生きるヒントにもなる。

広告の後にも続きます

 1テーマにつき2ページの構成。91のテーマが並ぶ。帯に「1テーマ・1分」「”いまの自分”にぴったりのページが必ず見つかる!」とあるとおり、その日気になったテーマをつまみ読みしてもよさそうだ。

1章 「いつ光が見えるか」がわからないとき
2章 「負のスパイラル」から抜け出せるコツ
3章 心を折っているのは、じつは自分だった?
4章 なぜ折れやすいのか、意外な原因を知る
5章 無理にポジティブにならなくていい!
6章 自分の中の「へこたれない心」を呼び覚ます
7章 ちょっとヘコんだときの確実なヒント
8章 立ち直れなさそうな心に効くメニュー
9章 「視点」をシフトすれば人間関係に強くなる!
10章 すぐ折れない心をつくる新しいアプローチ
11章 「折れない人」になる言葉の使い方

 根本にあるのは、たった1つ。「考え方を少し変えるだけで、人はこんなに大きく、自分でも驚くくらい変われる」という「真実」なのだという。

「折れにくい」と「折れやすい」の違い

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル