top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

消毒疲れした手を癒して潤すアロマハンドパックのレシピ

つやプラ

手洗い後にタオルで拭く際は、けしてこすらず、そっと押さえるようにして水気をとります。

また、水分はしっかり拭きとりましょう。水分が残っていると、蒸発する時に肌の水分も一緒に飛んでしまう場合があります。

(3)手洗い後はすぐに保湿を

手洗い後はすぐにハンドクリームなどで保湿をしましょう。そのまま放っておくと、いっそう乾燥が進んでしまう場合があります。

クリームは塗る前に両手のひらではさんで、温めてから使いましょう。肌への浸透率アップを狙えます。

広告の後にも続きます

■「アロマハンドオイル」のレシピ

老け手改善に導くハンドオイルのレシピです。保湿をうながす「ホホバオイル」に、殺菌効果にすぐれ肌トラブルを緩和する「ラベンダー」と、皮膚をやわらかくして乾燥を和らげる働きのある「サンダルウッド」を加えました。

材料(作りやすい分量)

・ホホバオイル 20ml

・ラベンダー 2滴

・サンダルウッド 2滴

・ビーカー 1つ

・爪楊枝 2〜3本

作り方

(1)ビーカーにホホバオイルを入れ、ラベンダーとサンダルウッドを加えて爪楊枝でしっかり攪拌させます。

(2)保存容器に移し、冷暗所で保存します。

このハンドオイルは、パックのほか、普段のハンドケアにもお使いいただけます。

「アロマハンドパック」のやり方

(1)きちんと手を洗い、汚れをしっかり落としておきます。

(2)手全体にアロマハンドオイルを伸ばします。爪や爪のまわりにもなじませましょう。

(3)手袋をして(使い捨てのビニール手袋が便利です)、そのまま10分ほどおきます。

(4)蒸しタオルでそっとオイルを拭きとったら終了です。

うるおいのある手は若々しさを印象づけ、ネイルや指輪のお洒落がいっそう引き立たちます。丁寧にお手入れを繰り返していきましょう。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル