top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

『MIRRORLIAR FILMS』追加 12 名の監督発表!池田エライザ、枝優花、齊藤工、武正晴、松居大悟、三島有紀子、山田佳奈、李闘士男、渡辺大知に加え、花田陵、三吉彩花、ムロツヨシが監督初挑戦!

cinefil

2017 年に山田孝之、阿部進之介、伊藤主税(and pictures)らが発足した、俳優に学びとチャンスを提供するサービス 「MIRRORLIAR」(ミラーライアー)は、映画製作のきっかけや魅力を届けるべく、年齢・職業やジャンルを超えて映画を作り上げる、短編映画制作プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS』(ミラーライアーフィルムズ)を始動しました。
『MIRRORLIAR FILMS』は、映画監督・著名人・一般クリエイターそれぞれ 12 名ずつ、総勢 36 人の映画監督による短編オムニバス映画で 1st シーズンを 2021 年夏に全国公開、3 ヶ月ごとにシーズン 2、3、4 と続けていきます。
シーズンごとに、一般公募作品の最優秀賞には 50 万円、優秀賞には 30 万円、佳作には 10 万円、1 年後には映画祭を開催し、グランプリ作品に 500 万円の賞金を贈呈いたします。

第一弾の発表された監督陣

これまで、【阿部進之介・安藤政信・井樫彩・紀里谷和明・志尊淳・柴咲コウ・野﨑浩貴・福永壮志・藤井道人・水川あさみ・山下敦弘・山田孝之】の監督 12 名を発表しておりましたが、この度、追加監督 12 名を発表されました。

女優・モデルをはじめとして、初監督映画『夏、至るころ』(20)や米津玄師の楽曲参加など多方面で活躍する池田エライザ
初長編監督『少女邂逅』(17)が国内外で評価を受け、9 週間のロングランとなった枝優花
俳優として『シン・ウルトラマン』(21)、監督として竹中直人・山田孝之と共同監督の『ゾッキ』(21)公開を控える齊藤工
『アンダードッグ』(20)が第 75 回毎日映画コンクールにて日本映画優秀賞はじめ最多4冠受賞、Netflix「全裸監督 シーズン 2」(21)が控える武正晴
13 年より初連載「デビルズライン」が累計発行部数 240 万部突破、『ブラックガルド』(19~)連載中の漫画家・花田陵
劇団ゴジゲン主宰、全作品の作・演出を担い、現在放送中の『バイプレイヤーズ』シリーズや映画『くれなずめ』(21)の公開を控える松居大悟。『幼な子われらに生まれ』(17)で第 41回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞など多数受賞、『DIVOC-12』(21)の公開を控える三島有紀子
女優・モデルとして活躍し、Netflix「今際の国のアリス」(20)でも存在感が光る三吉彩花
俳優として活躍し、昨今は自身で脚本・演出・出演を手がける「muro 式」など幅を広げるムロツヨシ
2010 年より劇団「□字ック」主宰、脚本家として「全裸監督」(19)、映画監督として『タイトル、拒絶』(20)でデビューした山田佳奈
TV バラエティの演出でキャリアを積み、『デトロイト・メタル・シティ』(08)が大ヒットを記録した李闘士男
ロックバンド「黒猫チェルシー」のボーカルと並行し俳優として活躍、監督としても初作品『モーターズ』(14)が PFF アワード・審査員特別賞を受賞している渡辺大知

第二弾として発表された監督陣

広告の後にも続きます

すでに発表されている中では阿部進之介、安藤政信、志尊淳、柴咲コウ、水川あさみが初監督となりますが、今回発表されたメンバーの中では花田陵、三吉彩花、ムロツヨシが映画監督初挑戦となります!!注目です!

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル