top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「楽なアルバイト」って、どんな仕事? 男女500人に聞いてみた

J-CAST会社ウォッチ

「お店が忙しくて、クタクタに疲れた」
「お客様からのクレームに対応して、心がすり減った」

そんなときに、「もっと楽なアルバイトに変えようかな」と考えてしまうことは誰にでもあるのではないか。

しかし、そもそも「楽な仕事」って、どんな仕事なのだろう。アルバイトの経験がある人は、どんなアルバイトを「楽」だと感じているのか――。パート・アルバイトなどの求人情報の株式会社ビズヒッツが、男女500人に聞いた。2021年1月26日の発表。

楽なのは「イベント・キャンペーン」

調査によると、「あなたはどのようなアルバイトを楽と感じますか」という、楽なアルバイトの「条件」を聞いたところ、1位は2位以下を大きく引き離して「簡単でマニュアルどおり」のアルバイトだった。172人が答えた。自分で考えたり判断したりしない単純作業や、指示やマニュアルどおりに進める仕事を「楽」と考える人が多いことがわかった。

2位は「体力を使わない」が65人、3位が「忙しくない」の62人、4位「人との接触が少ない」39人、5位「自分のペースで働ける」の23人と続く。「体力を使わない」以外の答えは、「精神的な負担が少ない」ことにつながっているといえそうだ。


「楽なアルバイト」の1位は「イベント・キャンペーン」だった

では、具体的にどんなアルバイトが楽なのか――。「これまで経験した中で一番『楽』だったアルバイトは何ですか」の問いに、最も多かったのは、試験監督やティッシュ配りなど「イベント・キャンペーン」のアルバイトで117人だった=表参照。

広告の後にも続きます

2位は簡単な作業を繰り返す「軽作業」で109人、3位は「販売・接客」の100人と、1~3位までが100人を超える回答を集めた。4位は大きく差が開いて、「受付」の33人、5位が塾講師や家庭教師など「教育」の23人と続いた。

「イベント・キャンペーン」や「軽作業」は、楽なアルバイトの「条件」に当たる「簡単」「指示・マニュアルどおり」を満たしていることがわかる。

TOPICS

ジャンル