top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ミニ1等が2000分の1に!?「バレンタインジャンボ」確率大幅アップ大作戦

アサ芸プラス

 今年一発目のジャンボ宝くじ「バレンタインジャンボ」が3月5日(金)まで発売中だ。昨年の年末ジャンボ宝くじでは「紅白歌合戦の法則」を推奨し、みごと当せん確率アップを成功させた宝くじアドバイザーの長利正弘氏が、今回は「名称変更の法則」を伝授する。

 現在発売中の「バレンタインジャンボ宝くじ」は、昨年の「東京2020協賛ジャンボ宝くじ」からふたたび名称変更された。賞金ラインナップは1等2億円が9本(9ユニット時)、1等の前後賞5000万円(18本)を合わせて3億円。

さらに2等の金額が前回の2倍の1000万円(27本)、5等1万円が1ユニットあたり50%増の計27万本となった。これまで当せんに縁がなかった人も、初当たりのチャンスだ。

 さっそく「バレンタインジャンボ」の攻略法を長利氏が解説する。

「5大ジャンボの中で何度も名称変更しているのは、この『バレンタインジャンボ』だけです。1984年に『緑化宝くじ』でスタートして以降、『グリーン』『バレンタイン』『東京2020協賛』ときて、ふたたび『バレンタイン』に戻りました。昨年は名称変更された初回と最後の当せん番号に着目し、アサ芸誌面でも予想させてもらいましたが、残念ながら1等での出現はありませんでした」

広告の後にも続きます

 とはいえ、長利氏が推奨した「100組14万台」が2等(500万円)でズバリ出現している。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル