top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

柳楽優弥、初の海外合作主演映画『ターコイズの空の下で』海外版予告が、解禁!先行プレミアム上映も開催決定!

cinefil

柳楽優弥の海外合作映画初主演、日本・モンゴル・フランス合作映画『ターコイズの空の下で(英題:UNDER THE TURQUOISE SKY)』が、2021年2月26日(金) より新宿ピカデリーほか全国順次ロードショーとなります。

本邦初公開となる海外版予告を解禁!

14歳の時に『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞して以来、意欲的な作品で着実にキャリアを積み重ね、2021年も主演作の公開が相次ぐ柳楽優弥。
本作は、その演技力と唯一無二の個性で国内外の映画人からオファーが絶えない柳楽が、約3週間におよんだモンゴルでのロケで、20代の終わりに新たな挑戦として臨んだ初の海外合作。
柳楽優弥演じる、資産家の祖父を持つ青年タケシが、終戦後に生き別れとなった祖父の娘を探すためにモンゴルに送り込まれ、馬泥棒のモンゴル人アムラと出会い、果てしなく広がる青い空の下、言葉も通じない、価値観も異なる二人の詩的でユーモラスな旅を描いたロードムービー。
約3週間におよぶモンゴルでの過酷ロケを経験、柳楽自身が本作を「僕自身の成長記録」「『誰も知らない』以来となる即興演技を楽しんだ」と語る珠玉の作品となっている。

広告の後にも続きます

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル