top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

「大谷翔平はお世辞抜きに、すごい。飛距離にしても、投手としてもね」/エンゼルス・リチャーズ投手インタビュー

週刊ベースボールONLINE

たび重なる故障を乗り越えて



エンゼルス・リチャーズ

 今週はエンゼルスのギャレット・リチャーズ投手のインタビューをお届けする。

 2014年13勝4敗、15年15勝12敗と、2年連続で2ケタ勝利。その後は右ヒジの故障などで16年から昨年までの3年間で計4勝(6敗)と苦戦した。今季は開幕投手を務め、4月終了時点で3勝1敗、防御率4.88。

 1988年5月27日、カリフォルニア州リバーサイド生まれ、オクラホマ州エドモンド育ち。オクラホマ大から09年ドラフト補完1巡目(全体42人目)でエンゼルスに入団。11年8月10日のヤンキース戦でメジャー・デビュー。160キロ近い速球が武器。コントロールが課題。190センチ、95キロ。右投右打。

――今季は2年ぶりで開幕投手を務め4月終了時点までに3勝を挙げました。シーズンを快調にスタートした感想を聞かせてください。

リチャーズ 気分は最高だよ。グラウンドに帰ってこられて、とてもうれしい。チームメートの顔を見て、一緒にプレーできるのはやはりいいものだ。ここのところ、故障で満足なシーズンが送れなかったからね。

――2014年の8月2日のレッドソックス戦で一塁ベースカバーに入った際に左ヒザのじん帯を痛めて離脱。16年5月には右ヒジ内側側副じん帯の損傷が見つかり、長期離脱となりました。

リチャーズ 大変な故障が続いて、本当についていなかったね。故障そのものが大変だったうえに、精神的にもきつかった。昨季はヒジ以外の理由(右上腕二頭筋の故障)だったけれど、それだけに、今年体調がいいのは本当にうれしいね。

――右ヒジのじん帯を損傷したときにはトミー・ジョン手術がここのところ一般的でした。しかし、あなたは手術を回避し、幹細胞療法を選択しました。なぜ幹細胞療法を選んだのですか? 手術がイヤだったのでしょうか。

リチャーズ 手術がどうしてもイヤだったというわけではない。多くの医師のアドバイスを聞いて決めた。PRPよりも幹細胞療法のほうが、成功率が高いということだった。

――チームメートのアンドリュー・ヒーニーも16年にヒジのじん帯を痛め、幹細胞療法を受けたものの効果が出ず、結局トミー・ジョン手術を受けました。

リチャーズ 向き、不向きとか、運があるということだね。僕の場合は幹細胞療法がよかったということなんだろうね。

――ところで、このインタビューは日本の野球雑誌に掲載するので大谷翔平選手の印象を聞かなければいけません。

リチャーズ それはそうだよね(笑)。お世辞抜きに、彼はすごいよ。普段の打撃練習を見ているだろう? あの飛距離には本当に驚くよ。メジャーの強打者と比べても見劣りしない。いや、見劣りしないどころか、あれほど飛ばす選手はなかなかいないんじゃないかな。投手としてもすごいしね。

取材・構成=樋口浩一 写真=Getty Images

TOPICS

ランキング

ジャンル