top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

いまベストセラーの鉄道地図帳は何が凄いか!

BOOKウォッチ

レールウェイマップル 全国鉄道地図帳(昭文社)<amazonで購入>

 いまアマゾンランキングの日本地図ジャンルで1位、交通関連ジャンルで1位、鉄道ジャンルで2位になっているのが、本書『レールウェイマップル 全国鉄道地図帳』(昭文社)だ。品切れになり、8日(2021年2月)増刷された。

 「鉄道地図帳なんか、これまでもいろいろあっただろう」と思うのは素人だ。従来の鉄道地図帳は、地図としてはデフォルメが甚だしいものが多かった。手帳の後ろの方に付録で付いている地下鉄マップを思い起こしてほしい。1ページ内に東京や大阪の稠密な地下鉄網を収めるため、地理的な正確さは無視している。

 本書の特徴はまず正縮尺であることだ。昭文社の代表的な道路地図「マップル」の正統な地図を下書きとして鉄道路線が描かれている。しかも縮尺1/250,000を全国一律(北海道地域は1/300,000、離島地域は1/350,000)で収録。日本全国を収録している鉄道地図帳のなかでは、他に類を見ない大きな縮尺だ。鉄道がない離島地域もおおよそ収録しているため、「日本全図」としても活用できる。

 次に豊富な情報量だ。現役鉄道路線は全路線を掲載、全駅、信号所や車両基地、鉄道博物館などの鉄道関連施設や、ロケ地や景観などの情報は多彩なアイコンでプロット表示している。

戦後からの「廃線」を図示した鉄道ヒストリーマップ

 3つ目にこれが重要なのだが、戦後からの廃線も図示していることだ。現在の鉄道事情と過去からの変遷が同時に楽しめる。廃止路線のほかに、鉄道地理、鉄道遺産、路面電車、旧線、旧名も図示し、日本の発展とともに歩んだ鉄道の歴史を、地図を辿りながら読み解くことができる。

日本各地かつての鉄道路線網の充実ぶり

広告の後にも続きます

 BOOKウォッチで昨年(2020年)紹介した「鉄道本」を本書を参照しながら読み返してみた。

 『地形図でたどる日本の風景』(日本加除出版)には、「『私鉄王国時代』の加賀私鉄網」という項目がある。石川県南西部の加賀市から小松市にかけての地域には、高度成長期まで数多くの私鉄路線が各方面を結んでいた。山代温泉や片山津温泉などへは、北陸本線から北陸鉄道のこれらの電車に乗り換えるのが常だった。

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル