top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「転売ビジネス」には危険がいっぱい 「転売ヤー」をも騙す上手のワルの横行に国民生活センターが警告

J-CAST会社ウォッチ

マスクやアルコール除菌グッズなどが店頭から姿を消した、コロナ禍の2020年。その悪役として一気に知名度が上がったのが「転売ヤー」と呼ばれる人々。

転売を生業とする彼らの行状が現在もしばしば世間を騒がせているが、その「転売ヤー」をも騙す、さらに上手(うわて)のワルが横行している。転売ビジネスをめぐるトラブルが増えているのだ。

「転売ビジネスで稼ぐつもりが… 簡単には儲からない。うまい話は絶対にうのみにしないで!」

と、国民生活センターは2021年2月10日、注意を呼び掛けた。

「誰でも稼げる」と130万円払ったのに全然儲からない

国民生活センターが発表した「転売ビジネス ~ネット広告やSNS情報、友人からのうまい話をうのみにしないで」によると、「転売ビジネスの誘いで高額の会費をだまされた」などという相談が、2019年度は1411 件と、5年前(15年度)の548 件に比べて約2.6倍も増えている。

被害者の半数近くを10~20歳代の若者が占めるのが特徴で、30歳代以上の世代よりも、普段からフリマサイトやネットオークションを利用している分、騙されやすいようだ。


転売ビジネスの流れ(国民生活センター作成)

広告の後にも続きます

その代表的な手口を紹介すると――。

【事例1】返金保証もあると言われて高額なサポート契約をしたが、商品は売れず返金もされない
「安く仕入れた商品をフリマサイトで、高値で転売する」という副業を紹介する事業者を検索で見つけ、1万円でガイドブックを購入した。事業者から電話があり「この副業にサポートがついている50万円のコースがある」「万が一、儲からなくても返金保証もある」と説明され、50万円を支払った。サポート通りにフリマサイトに商品を出品したが、買い手がつかず利益が出ないまま仕入れ費用だけがかさんでいる。事業者に返金保証について問い合わせたが、「あなたは返金保証の対象ではない」と言われた。返金保証には、指定商品の販売をすること、フリマサイトで150人以上からフォローされていることなどが条件で実現できそうにない。返金してほしい。(2020 年6月、20歳代女性)

TOPICS

ジャンル