top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「そうだったのか」が満載! 思想家と写真家が語るショッピングモール

J-CAST会社ウォッチ

コロナ禍の緊急事態宣言で遠出を控えるようになった結果、近場のショッピングモールに出掛ける機会が増えたという人は多いのではないだろうか。子どものいる家庭ならなおさら。休日になると、「今日どこ行こうか?」「イオン!(イトーヨーカ堂系のアリオでもどこでもいいのだが)」というような会話が親子で交わされている光景が目に浮かぶ。

親世代と子ども世代の欲求、興味の最大公約数が、イオンモールに代表されるショッピングモールであると言っても差し支えないだろう。

ショッピングモールといえば「大衆消費」の象徴であり、地元商店街が「善」であり、大規模商業施設は「悪」であるという議論が、日本では半ば自明とされてきた。政府も長年、大店法(大規模小売店舗法=2000年廃止)で規制の網をかけてきた。本書「ショッピングモールから考える」は、そもそも人はショッピングモールになにを求めているのか、という素朴な疑問から書かれた本である。

「ショッピングモールから考える」(東浩紀・大山顕著)幻冬舎

モールが理想の街になっている

著者は作家・思想家の東浩紀さんと写真家・ライターの大山顕さん。二人の対談形式で書かれている。東さんが関わった言論誌「思想地図β」の創刊号がショッピングモール特集だった。「ショッピングモールの顕在化は、21世紀の社会思想を構想するうえできわめて重要なヒントを与えてくれる」という持論があったという。

大山さんは松下電器産業(現・パナソニック)のシンクタンク部門に10年間勤務後、独立してフリーに。「工場萌え」(東京書籍)、「ジャンクション」(メディアファクトリー)などの著書があり、「工場萌え」「土木萌え」の火付け役として知られる。

広告の後にも続きます

二人は社会学者でもマーケッターでもない。だから、本書はショッピングモールの研究書ではない。タイトルに「ショッピングモールから」とあるように、ショッピングモールという光景を出発点として、現代社会を考えようという趣旨の本である。

とはいえ、堅苦しさとは無縁だ。二人とも無類のモール好き。「結局、モールが理想の街を事実上つくっちゃってるよね」と、意気投合したのが対談のきっかけだったという。

TOPICS

ジャンル