top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サンフレッチェ広島、期待の新戦力5人。Mr.理不尽! 目玉はマリノスで爆発したFW

フットボールチャンネル

サンフレッチェ広島、期待の新戦力5人。Mr.理不尽! 目玉はマリノスで爆発したFW

山梨育ちのセンターバック

 明治安田生命Jリーグの各クラブは、2021シーズンの開幕に向けて準備を進めている。昨季のリーグ戦を8位で終えたサンフレッチェ広島は、5人の新加入選手を迎えた。フットボールチャンネルでは、新天地での活躍が期待される5人を紹介する。

———–

DF:今津佑太(いまづ・ゆうた/背番号33)
生年月日:1995年7月8日(25歳)
前所属: ヴァンフォーレ甲府
2020リーグ戦成績:36試合出場/2得点0アシスト

 山梨県南アルプス市出身で、中学時代までは県内でプレー。流通経済大学付属柏高校に進学し、流通経済大学を経て、故郷の山梨県でプロになった。負傷などの影響によりプロ入り内定をもらうのが遅く、大学卒業直前だった2018年のプレシーズンキャンプに参加してヴァンフォーレ甲府に加入することが決まった。

 1年目からJ2でリーグ戦24試合に出場したものの、2年目はわずか5試合。3年目の2020年に36試合出場2得点と安定した成績を残し、サンフレッチェ広島移籍を勝ち取った。浮き沈みの大きい3年間を過ごしてきたが、努力が実って自身初のJ1参戦のチャンスをつかんでいる。

広告の後にも続きます

 広島では野上結貴、荒木隼人、佐々木翔という3人が不動のディフェンスラインを形成している。新シーズンに向けて4バックをテストしているという報道もあるが、新加入の今津はまず実績豊富な彼らとのポジション争いに挑んでセンターバックでの定位置獲得を目指すことになる。

チームを鼓舞する縁の下の力持ち

GK:川浪吾郎(かわなみ・ごろう/背番号22)
生年月日:1991年4月31日(29歳)
前所属: ベガルタ仙台
2020リーグ戦成績:0試合出場/0失点

 プロキャリアの大半を控えGKとして過ごしてきた縁の下の力持ちだ。柏レイソルのアカデミー出身で、2010年にトップチーム昇格を果たす。2011年の後半戦にFC岐阜へ期限付き移籍したのを皮切りに、2013年以降は徳島ヴォルティス、アルビレックス新潟、ベガルタ仙台を渡り歩いてきた。

 レイソルでトップチームに昇格してからの11年間でリーグ戦出場は17試合しかないが、2014年以降はずっとJ1クラブに在籍し続けている。有事に備える控えGKとしての役割のみならず、常に腐らず努力を続けてチームを盛り上げるムードメーカーとしての働きも高く評価されている証拠だろう。常にフォア・ザ・チームを体現する人格者だ。

 広島では東京五輪世代の主戦GK大迫敬介と、38歳のベテランGK林卓人が激しいポジション争いを繰り広げている。昨季は前者がリーグ戦15試合、後者が同19試合でゴールマウスを守った。川浪は彼らを支える第3GKとして控えることになりそうだ。

マリノスで覚醒したMr.理不尽

FW:ジュニオール・サントス(じゅにおーる・さんとす/背番号37)
生年月日:1994年10月11日(26歳)
前所属: 横浜F・マリノス(※期限付き移籍期間満了)→柏レイソル
2020リーグ戦成績:22試合出場/13得点0アシスト(横浜F・マリノス)
2020リーグ戦成績:1試合出場/0得点0アシスト(柏レイソル)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル