top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アビスパ福岡、期待の新戦力5人。ベルギーの中盤をオランダから獲得、その正体は?

フットボールチャンネル

アビスパ福岡、期待の新戦力5人。ベルギーの中盤をオランダから獲得、その正体は?

Jリーグ連覇を知るCB

明治安田生命Jリーグの各クラブは、2021シーズンの開幕に向けて準備を進めている。昨シーズンのJ2リーグで2位となり、J1昇格を果たしたアビスパ福岡は10人の新加入選手を迎えた。今回フットボールチャンネルでは、新天地での活躍が期待される5人の新戦力を紹介する。
—————————————-

DF:奈良竜樹(なら・たつき/背番号39)
生年月日:1993年9月19日(27歳)
前所属:鹿島アントラーズ
2020リーグ戦成績:6試合0得点

 2021シーズンのアビスパ福岡の新体制が発表された5日後、鹿島アントラーズの奈良竜樹が期限付き移籍で加入することが発表された。川崎フロンターレから鹿島に移籍した昨季は6試合の出場に留まったが、5年ぶりにJ1復帰を果たしたチームにとっては心強い補強となった。

 コンサドーレ札幌のアカデミーからトップチームに昇格し、世代別の日本代表でもプレーしてきた。FC東京への期限付き移籍を経て16年に川崎Fに移籍すると、翌年からのJリーグ連覇に貢献している。

 16年には左足の骨折でリオデジャネイロ五輪のメンバー入りを逃し、19年には左膝の大怪我でシーズンの大半を棒に振った。ただ、対人守備の強さはリーグでも屈指。コンディションさえ万全ならば、上島拓巳が抜けたDFラインの中心としてチームを支えてくれるだろう。

<h2>2年ぶりにJ1に挑むドリブラー

FW:杉本太郎(すぎもと・たろう/背番号8)
生年月日:1996年2月12日(25歳)
前所属:松本山雅
2020リーグ戦成績:36試合5得点

広告の後にも続きます

 25歳の誕生日を迎えたばかりの杉本太郎は、2シーズンぶりにJ1の舞台に立つ。昨季は松本山雅で36試合に先発し、5得点をマーク。高いボールテクニックと鋭いドリブルを武器に、J1の舞台に臨む。

 帝京大可児高校時代は世代を代表するアタッカーとして注目を集め、2012年のAFC U-16選手権ではMVPを獲得した。鹿島アントラーズでは分厚い選手層に阻まれ、3シーズンで出場したのは19試合のみ。期限付き移籍した徳島ヴォルティスでリカルド・ロドリゲス監督と出会い、17年はJ2で41試合6得点をマーク。19年には松本山雅に完全移籍している。

<h2>オランダで実績を積んだレフティー

MF:ジョルディ・クルークス(ベルギー出身/背番号14)
生年月日:1994年1月15日(27歳)
前所属:ローダJC(オランダ)
2020/21リーグ戦成績:16試合3得点

 5年ぶりとなるJ1の舞台を控えるアビスパ福岡は、オランダでのプレー経験の長いジョルディ・クルークスを獲得した。12月まではオランダ2部のローダJCでプレーしており、20/21シーズンは16試合に出場していた。

 右サイドでのプレーを得意とするアタッカーで、深い切り返しでマッチアップしたDFを翻弄する。爆発的なスピードがあるわけではないが、両足から精度の高いクロスを蹴ることができ、パンチ力のある左足のシュートも備えている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル