top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

1717年に沈没した難破船から海賊の骨が発見される。キャプテン・ベラミーの発見に繋がる可能性も

カラパイア

難破船から海賊の骨が発見される
Whydah Pirate Museum/Facebook

 アメリカのマサチューセッツ州ケープコッド沖で、1717年に沈没したとされる難破船から少なくとも6つの骨格が発見された。

 これらの骨格の残骸は、当時乗船していたイギリスの海賊のものであると推測されており、現在専門家らが海賊の子孫のDNAを照合する調査を行っているという。『News Boston』などが伝えている。

Remains Of At Least 6 Pirates Found At Whydah Shipwreck Site Off Cape Cod

1717年に沈没したウィダー号


 イギリスの海賊キャプテンだったサミュエル・ベラミーが乗っていた海賊船ウィダー号が、マサチューセッツ州ウェルフリート沖の海底に沈没したのは1717年のこと。

 以降、ウィダー号は長い間深海に眠ったままとなっていたが、1984年に海中探検家のバリー・クリフォードさん率いるチームによって発見された。



 難破船からは金の延べ棒や銀貨、ピストルなどが回収され、それらの品は同州プロビンスタウンにあるウィダー海賊博物館に展示されている。





 黄金時代の海賊を研究する上で、これらは貴重な資料となり、現在に至っても難破船のある現場では調査が続けられてきた。

 そして今回、チームは少なくとも6つの海賊の骨格の残骸を発見したのである。

1_e
image credit:Whydah Pirate Museum/Facebook

海賊キャプテン・ベラミーの発見に繋がる可能性も


 沈没したウィダー号の遭難者のうち、100人以上の遺体が陸に上がり埋葬されたが、残り41人は行方不明のままとなっているという。

 調査チームのクリフォードさんは、2月10日にこのような声明文を発表した。

現代の最先端技術がこれらの海賊の身元を特定し、存在している可能性のある子孫と再会するのに役立つことを願います。

 また、同チームのケイシー・シャーマンさんは、ウィダー号の海賊キャプテンだったイギリス人サミュエル・ベラミーのDNAを、イギリスのデボン州にいる子孫を通じて2018年に取得していることを明らかにした。

血液サンプルは、難破船から回収された人骨の残骸に対して既に検査済みです。その骨は、東地中海地域と一般的な繋がりを持つ男性と特定されており、今回の新しく発見された骨格も、私たちが持っているDNAで検査すれば、最終的にベラミーへの発見に繋がる可能性があります。



 現在、チームはまさにこの検査中ということで、骨格の残骸は同時に発見されたものと一緒に、後日ウィダー海賊博物館に展示される予定になっているということだ。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル