top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

水川あさみ“栄利子”と山田真歩“翔子”の大ゲンカに視聴者「リアルな感じがゾワゾワする」

テレビドガッチ


水川あさみが主演を務める土曜ドラマ9『ナイルパーチの女子会』(BSテレ東、毎週土曜21:00~)の第3話が、2月13日に放送。息の詰まるようなストーリー展開と出演者の熱演に、視聴者からも「面白い!!」「ハマってる」などの声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、「第28回山本周五郎賞」「第3回高校生直木賞」を受賞した柚木麻子による同名小説を原作に、女性同士の友情のあり方を描く衝撃作。第2話では、専業主婦の丸尾翔子(山田真歩)が、自身の日記ブログのファンだというキャリアウーマンの志村栄利子(水川)からの執着に恐怖を覚え、距離を取るまでが描かれた。

翔子から連絡が来ないことを気にしつつも、更新された翔子の日記ブログを見て、行きつけのファミリーレストランで待ち伏せする栄利子。狙った通り、翔子と再会できた栄利子は「ここで待ってれば会えると思ってたの」と声を弾ませる。一方、行動を把握されていることに恐怖を感じた翔子は「あのさぁ栄利子さん、自分でもちょっと異常だって思わない? それってストーカーみたいだよ」と指摘。待ち伏せされたり、家に来られたりするのは怖いと訴える翔子だったが、栄利子は「あなたが私を無視するからじゃない!」と声を荒げてしまう。

話は平行線を辿り、お互いの認識は食い違ったまま。翔子から「今度、おかしなことしたら会社や親に電話するわよ。そうなったらあなただって困るでしょ」と詰め寄られても、栄利子は平気な顔で「おかしいのは私じゃなくて、あなたよ」と譲らず、「うまくいかないと嫉妬されてるって思い込もうとする」「あなたが自分に甘いから、周りをイライラさせたんじゃないの?」「だから翔子さん、しょせんSNS止まりなのよ」と、“親友”として忠告する。

翔子を傷つけているとも知らず、言葉を続ける栄利子に、翔子は涙を流しながら「私とあなたはこれまでたった5回会っただけよ。もう二度と連絡しないで」と言い放ち、その場を去ってしまう。

「大丈夫、きっと分かりあえる。私は間違ってない」と、自分に言い聞かせる栄利子は、会社で仲の良い同僚の杉下康行(淵上泰史)を呼び出し、相談に乗ってもらうためにこれまでの経緯を説明。そのまま杉下と一夜を共にしてしまう。

一方の翔子は、栄利子から「SNS止まり」と言われたことで奮起し、日記ブログの書籍化を進めてもらうよう編集者に連絡。そして、行きつけのカフェの店員・橋本弘毅(田村心)と映画デートを楽しみ、初めて栄利子と会った日に、些細な対抗心から自分の日記ブログにまつわるある嘘をついたことを懺悔する。

さらに、栄利子の高校時代の友人だという小笠原圭子(森矢カンナ)も翔子に接近。これまで以上の波乱を予感させる展開に、ネット上では「ナイルパーチの女子会面白い!! みんなが、チョットずつ満たされない……リアルな感じが、見ていてゾワゾワする」「ハマってる。ナイルパーチの女子会。こういうの、大嫌いだから大好き」「水の中に居るみたいな息苦しさがずっと続く。最近見た中ではダントツ怖い。水川あさみ、もうどう考えてもおかしい事言ってるのに、めっちゃ普通に迫ってきて怖い」などの声が寄せられた。

次回第4話は、2月20日に放送。翔子から着信拒否された栄利子が、SNSに誹謗中傷を書き込むという、さらなる常軌を逸した行動を取るようになる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル