top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

台湾のアカデミー賞(金馬奨)にて最多 5 部門受賞!チェン・ユーシュン監督最新作『1秒先の彼女』-ティザービジュアル&30秒予告が到着!

cinefil

第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)で最多5部門(作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、視覚効果賞)を受賞したチェン・ユーシュン監督最新作「My Missing Valentine(英 題)」[消失的情人節(原題)]の邦題が『1秒先の彼女』に決定し、6月25日(金)よ り新宿ピカデリーほかにて全国公開いたします。

念願のデートのはずが、バレンタインが消えた!? 消えた“1日”をめぐる、誰も見たことのないラブストーリー
『1秒先の彼女』ティザービジュアル&30秒予告が到着!

本作は、“消えたバレンタイン”を巡って時間の流れが異なる男女が織りなす、オリジナリティ溢れるファンタジックなラブストーリー。

今回解禁したティザービジュアルは、浜辺で寄り添う男女のカラフルなイラストが目を引く。周りに本作のヒロインであるシャオチーと、物語のキーパーソンとなる青年グアタイの微笑ましい写真が置かれ、映画の重要なキーワード“時間”を想起させる時計モチーフの夕日も印象的。「急がなくても大丈夫、愛はゆっくりやってくる。」と胸に響くコピーが添えられている。

監督は、『熱帯魚』(95)、『ラブ ゴーゴー』(97)で熱狂的な人気を誇るチェン・ユーシュン。しばく
CM業界に活躍の場を移していたが、16年ぶりに本格的に映画製作に復帰。長編復帰3作目となる本作は、20年前から温めていた脚本を基に撮りあげた作品。満を持して挑んだ本作は、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)の主要部門を総なめに!最多5冠に輝いた傑作がついに日本に上陸!

広告の後にも続きます

公開された30秒予告は、ヒロイン・シャオチーの紹介からはじまる。かけっこではいつもフライング、記念写真では目をつぶったものばかりと、人よりワンテンポ早いクスッと笑えるエピソードがテンポ良く映し出される。そんな30歳おひとりさまの彼女だが、意中の男性から念願のバレンタインデートに誘われることに!…のはずが、バレンタインデーが消えた!?しかも見覚えのない自分の写真まで見つかって…と物語は思わぬ方向へ。どうやら秘密を握るのは、人よりワンテンポ遅いバス運転手のグアタイらしい…。バレンタインは何処へ?グアタイの正体は?!そして、人より「1秒先」へ突き進む彼女が見つけた大切なものとは…一筋縄ではいかぬ、思いもよらないラブストーリーが期待できる予告編となっている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル