top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

重機関銃の弾丸すら防ぐ次世代コンバットスーツをロシアが開発

カラパイア

重機関銃すら防ぐ次世代コンバットスーツをロシアが開発
重機関銃すら防ぐ次世代コンバットスーツをロシアが開発:Rostec

 近未来のロシア軍兵士には、もはや銃弾など通用しなくなってしまうのかもしれない。現在開発中の次世代コンバットスーツは、重機関銃の13mm口径弾すら防いでしまうそうだ。

 先日、ロシアの国営企業「ロステック」によって、第4世代コンバットスーツ「Sotnik(ソトニク)」の開発が公表された。その名は古代ローマの「百人隊長(センチュリオン)」を指す。

 ソトニクは「ロシア軍事産業の最先端技術、ロボティック装備、統合情報通信システムなど、根本的に新しい技術で構成」されており、2025年までに現行の第3世代コンバットスーツを後継することになるという。

驚異の防御力と運用の柔軟性


 第4世代コンバットスーツ、ソトニクの詳しいスペックは明らかにされていない。しかし、これまでの関係者の発言によると、超高分子軽量ポリエチレン繊維とアーマープレーティング技術が採用されているという。

 その防御力は驚異的で、ブローニングM2重機関銃から射出される13mm口径弾が直撃しても貫通することはない。

 たとえ貫通しなかったとしてもその時の衝撃は兵士を殺すほど危険なものだが、ソトニクはそれを衝撃を吸収することもできるようだ。

 また20%軽量化され、重量は20キロ程度なので、兵士の行動を大きく阻害することもない。作戦内容や状況に応じて、ほかの装備を携行するといった柔軟な運用が可能だという。

4cba0a533a8e89995bebeacf1b268b78_e
Rostec

 高度な性能を誇るソトニクだが、現行のコンバットスーツ「Ratonik-2(ラトニク-2)」も侮れない。

 過去8年で30万点がロシア軍の各部署に配備されたというラトニク-2は、7.62mm口径の銃弾に耐える防御力や、サーマル暗視装置・懐中電灯・通信システムが内蔵されたヘルメットなど、ハイテク満載のコンバットスーツだ。

 重量は18.1キロ~22.7キロあるが、パッシブ・カーボンファイバー・フレームを利用することで、体にかかる負荷が軽減され、着用者の脊椎や関節を守る。

1_e8
div align=”right”>Rostec

米軍を凌駕するパワードスーツ


 昨年9月には、ラトニク-2用のパワードスーツも公開されている。こちらはいくつか種類があるようで、80キロまでの重量を支えてくれるタイプや、運搬重量は60キロになるがより身軽な襲撃作戦用のタイプががある。

 こうした点を鑑みると、どうやらロシアは、次世代パワードスーツ技術においてアメリカの一歩先を行っているようだ。

 米軍は軍用パワードスーツ「TALOS」を開発していたが、「全システムをシームレスに連携させる」という目標をクリアすることができず、2019年にプロジェクトの凍結が決定された。

 このようにアメリカがパワードスーツの開発に手間取っている間に、ロシアはすでにシリア内戦に投入し実戦テストを重ねているとのことだ。

References:rostec / taskandpurpose / thedefensepost/ written by hiroching / edited by parumo

更新日:2021年2月14日

提供元:カラパイア

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル