top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

中日・松坂大輔がバットでも活躍!/週間記録室(5月15日~5月20日)

週刊ベースボールONLINE

熱戦の続くプロ野球、5月15日から5月20日の期間で出た主な記録をピックアップする。

D松坂が初のマルチヒット



2勝目&マルチヒットの中日・松坂

 5月20日、中日先発・松坂大輔はナゴヤドームの阪神戦で6回を7奪三振1失点で今季2勝目を挙げた。

 松坂は4回に今季初安打を放つと5回にも2打席連続安打。自身の安打は2014年メッツ時代以来、日本では06年6月9日阪神戦(甲子園)でのホームラン以来となる。松坂は99年の西武入団以来、日本通算7安打、日米通算14安打だが、複数安打はこれが初めて。

S青木日本復帰初本塁打


 今季から古巣ヤクルトで日本球界復帰を果たした青木宣親が5月15日の巨人戦(鹿児島)で8回に山口俊から決勝の今季第1号。復帰後149打席目で、日本球界では2011年10月8日以来、2411日ぶり。試合は2対1でヤクルトが勝利。

H柳田自己最長の22試合連続安打


 5月18日のロッテ戦(ZOZOマリン)で、ソフトバンク・柳田悠岐が初回の第1打席で涌井秀章からライト前ヒット。これで自己最長の22試合連続安打とした(これまでは2017年の21試合)。柳田の打率はこの時点で.401と4割超えをしたが、その後、3打席凡退で3割台に。

 連続試合安打の球団記録は1988年にバナザード(南海時代)が記録した28試合で、以下2位が27試合の広瀬叔功(64年南海時代)、3位で柳田と並ぶのが13年に達成した松田宣浩となる。なお、記録は翌日の同カードでストップした。

G菅野がプロ初本塁打


 5月18日のDeNA戦(東京ドーム)に先発した巨人・菅野智之が6回3失点で今季5勝目。続けてきた連続無失点は3回に筒香嘉智に2ランを浴び、29イニングでストップしたが、バットでは5回に決勝打となるプロ第1号のソロ本塁打を放った。巨人の投手の決勝弾は、2004年の工藤公康(現ソフトバンク監督)以来となる。

 なお、この日6対3で勝利した巨人は平成2201勝目(2200勝は16日ヤクルト戦=鹿児島)。5回裏終了時にはスタンドのファンがタオルで「2200WIN 平成 No.1」の人文字を作った。

E則本が1000投球回


 楽天の則本昂大は5月19日の日本ハム戦(札幌ドーム)に先発し、8回無失点で4勝目。12日のオリックス戦(京セラドーム)から合わせ、17イニング連続無失点とした。さらにこの試合で通算1000投球回を達成。プロ野球349人目の記録だが、楽天の生え抜きでは田中将大以来2人目となる(NPB通算1315回。現ヤンキース)。

DB筒香が自身初の1試合3本塁打


 5月20日の巨人戦(東京ドーム)でDeNAの筒香嘉智は初回に9号2ラン、4回に2打席連続の10号、さらに9回にも11号ソロを放ち、1試合3本塁打。プロ9年目の筒香だが、1試合3本塁打は初。この日、三番のロペス、五番の宮崎敏郎も1本塁打ずつ。クリーンアップそろい踏みの本塁打となったDeNAが10対2と快勝した。

 なお、この日、3本塁打を浴びた巨人先発・野上亮磨はこれで今季10被本塁打。チームメートの田口麗斗と並ぶリーグワーストである。

そのほかの記録


 山岡泰輔(オリックス)1イニング3暴投(5月19日西武戦5回・ほっと神戸=史上16人目のタイ記録)

 鳥谷敬(阪神)2011試合出場=記録継続中(5月18日中日戦・ナゴヤドーム。藤田平を抜き球団史上単独トップ)

写真=高塩隆

TOPICS

ランキング

ジャンル