top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アーセナル、将来有望な18歳の“神童”を半額以下で獲得へ? 感銘受けたエドゥ氏が交渉中か

フットボールチャンネル

アーセナル、将来有望な18歳の“神童”を半額以下で獲得へ? 感銘受けたエドゥ氏が交渉中か

 ポルトガル1部のスポルティングCPに所属する18歳のU-20ポルトガル代表FWティアゴ・トマスが、今夏にアーセナルへ移籍するかもしれない。12日に英紙『サン』が報じている。

 同紙によると、アーセナルのテクニカル・ディレクターを務めるエドゥ氏がスポルティングCPのディレクターであるウーゴ・ヴィアナ氏と直接連絡を取り合い、トマスに関して交渉しているという。

 2020年6月にトマスがスポルティングCPと契約延長した際、5200万ポンド(約75億6000万円)の契約解除金が設定されたが、現在の経済情勢とクラブの財政を考慮し、スポルティングCPが2000万ポンド(約29億円)で取引する提案を受け入れる可能性があるとのこと。

 エドゥ氏がトマスに興味を持ったきっかけは、現地時間1日に行われたスポルティングCP対ベンフィカの試合。先発出場を果たしたトマスは74分までプレーしているが、この試合を見たエドゥ氏がトマスに感銘を受けたようだ。

 同紙は、クリスティアーノ・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する前にアーセナルも獲得を目指していたが逃したとし「アーセナルは同じ過ちを二度と犯したくない」と伝えている。どうしても獲得したい選手のようだが、果たしてアーセナルはトマスの獲得に成功するのだろうか。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル