top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

崖っぷちJリーグで、明るい未来がある3クラブは? 外国籍選手は入国できず、クラブ経営もひっ迫だが…【英国人の視点】

フットボールチャンネル

崖っぷちJリーグで、明るい未来がある3クラブは? 外国籍選手は入国できず、クラブ経営もひっ迫だが…【英国人の視点】

今季も波乱のJリーグ

明治安田生命Jリーグの開幕が2週間後に迫っている。新規の外国籍選手・スタッフの入国が遅れ、試合観戦のルールについても流動的。新型コロナウイルスによる影響は、昨シーズンと同様、Jリーグ全体の頭を悩ませるだろう。(文:ショーン・キャロル)
—————————————

 Jリーグの2020シーズンはピッチ内外で大きなストレスが引き起こされ、過去最もカオスに満ちたシーズンのひとつとなった。2021シーズンのリーグ日程は昨季ほどには混乱したものにはならないことが望まれるとしても、各クラブや選手たち、そしてファンにとって再び困難に満ちたシーズンとなりそうな兆候は早くも感じられる。

 例えばAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場クラブはグループステージの試合をどこで戦うことになるのかまだ分かっていないし、試合のチケット販売に関してもゼロックススーパーカップのみが開催2週間を切ってようやく告知された。今後数日で新型コロナウイルスの感染拡大が起きた場合には、川崎フロンターレとガンバ大阪のどちらか、あるいは両方が他クラブと入れ替えられる可能性さえ残されている。

 こういった試合開催に関する不可避の障害に加えて、外国人選手やスタッフがプレシーズントレーニング合流に遅れたというクラブもある。あるいは、新加入選手の場合であれば今でもチームに合流できていない選手が数多くいる。理想とは程遠い現実だ。

 日本における外国人選手の成功率には、当然ながら当たり外れもある。ジェジエウ(川崎フロンターレ)やエヴェラウド(鹿島アントラーズ)、マテウス(名古屋グランパス)らの活躍の影には、失敗に終わったブラジル人選手もその2倍はいただろう。

広告の後にも続きます

 補強されたビッグネームの全てが巨額の報酬に見合うパフォーマンスを見せられるわけでもない。新加入選手の定着を助けるためには最初の適応過程が重要となるため、リーグ開幕が迫りくる中で少なくとも2ヶ月の待機を強いられることは多くの関係者にとって頭の痛い問題だろう。

崖っぷちに立たされるクラブ経営

 ファンが試合観戦に訪れることができるのか、できるとすればどの程度の人数なのか、また試合会場で何をしていいのかについても依然として流動的。この状況はクラブ財政に対しても影響を強めており、長引くパンデミックはJリーグの大半のクラブの運営と未来に不安な影を落とし続けている。

 浦和レッズはレオナルドを山東魯能へ売却しようとしていたようだが、その背景にも経営の厳しさがあるのではないかと考えられる。埼玉のビッグクラブは間違いなく、観客入場制限によって特に危機感を強めているクラブのひとつだ。

 実際のところ、こういった不安は世界中に広がっている。2月初めにイングランド・リーグ1のスウィンドン・タウンがスター選手のFWディアラング・ジャイエシミの売却を余儀なくされた際にも、リー・パワー会長はこのクラブが“ギリギリ”の状況にあると表現していた。

「率直に言って、ここまでのことになるとは驚いている。3月以来サポーターがいなくなり、収入もなくなってしまった。厳しくなる一方だというのが我々の現状だ」と会長は『BBCラジオ・ウィルトシャー』に語った。

「1週間ごと、1ヶ月ごとに崖っぷちで岩肌にしがみついている。チームの最高の選手たちを売却するというのは、本音としては最もやりたくないことだ。だが昨年3月から言い続けているように今はパンデミックの真っ只中であり、スタジアムにサポーターが入れない状況で、クラブの生き残りのために朝も昼も夜も戦い続けてきた」

監督不在の徳島と主力の抜けた福岡

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル