top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「料理は嫌い」でも「あなたが好き」

BOOKウォッチ

料理なんて愛なんて(文藝春秋)<amazonで購入>

 佐々木愛さんは、その独特の感性でデビュー作から読者の心を鷲掴みにする。「新しい時代の恋愛小説の期待の書き手」として注目されているという。本書『料理なんて愛なんて』(文藝春秋)は、佐々木さん初の長編小説。

 「料理が下手でフラれた私。嫌いな言葉は『料理は愛情』」
 「手料理、始めます。まずはピーラーで林檎の皮むきから!!」

 「『料理は愛情』が嫌い」という言葉とはうらはらに、手料理の決意表明。この時点でちぐはぐな印象を受ける。そう、本書は「料理嫌い」なのに「料理好き」になりたい主人公による「愛と迷走の料理小説」なのだ。

「料理は愛情」というけれど

 佐々木愛さんは1986年生まれ。秋田県出身。青山学院大学文学部卒。「ひどい句点」で2016年オール讀物新人賞受賞。19年、短篇集『プルースト効果の実験と結果』で単行本デビュー。デビュー作の表題作は、文芸評論家・杉江松恋氏から「2018年恋愛小説短篇のベスト」と絶賛された。

 本書は以下の5章構成。約1年にわたる主人公の「愛と迷走」の日々に、サスペンス風のタイトルがついている。1と2にギョッとしたが、物語を読むと著者のユーモアがピリッと効いていることがわかる。

1 冬、ホッキョクグマの解体
2 春、腹黒いミイラを干す
3 夏、みりんへの解けない疑い
4 秋、覆すアンチタピオカ
5 再び冬、チョコ炎上

 主人公・優花(ゆうか)には、「料理」への根強いコンプレックスがある。しかし、優花が思いを寄せる真島(ましま)の女性のタイプは「料理が好きな人」。

広告の後にも続きます

 2月14日、0時。優花は市販のチョコを砕き、湯煎し、真島のための「手作りチョコ」の計画を遂行していた。しかし、「溶かしたチョコの形を変えて固め直しただけのものを『手作りチョコ』と称するなんて、間違っている気がする」と思い至り、手作りを中断(挫折)した。

 「よく『料理は愛情』というけれど、それはきっと間違いで、愛は料理に勝つこともある。わたしはそれを、証明できる人間なのではなかったか?」

 その日の夜、優花は高級チョコを調達し、真島との待ち合わせ場所へ。真島は遅れて来るなり、「やっぱりきみとは付き合えない」とキッパリ。真島は思いを寄せる女性から「手作りチョコ」をもらったという。

「わたしは、料理が嫌いで苦手だ」

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル