top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

大会運営自動化も可能なe-Sportsプラットフォーム「Game.tv」のこれまでの大会エントリー総数が1,100万人を突破

Game*Spark

大会運営自動化も可能なe-Sportsプラットフォーム「Game.tv」のこれまでの大会エントリー総数が1,100万人を突破

Game.tv, Inc.は、同社が運営している「Game.tv」にて、これまでの大会エントリー総数が1,100万人を突破したと発表しました。

「Game.tv」は、2019年11月に日本上陸、2020年7月にモバイルゲームの大会を対象としたアプリがリリースされた、誰でも気軽にゲーム大会の開催や参加が可能なe-Sportsプラットフォーム。今回、その「Game.tv」にて行われた大会のエントリー総数が1,100万人を突破、世界最大規模のモバイルe-Sportsプラットフォームに成長したことが発表されました。

なお、インサイドのマスコットキャラクターであるインサイドちゃんMark2主催による本サービスを活用したe-Sports大会も2020年10月に実施しています。


「Game.tv」の大会エントリー総数が1,100万人を突破!
「Game.tv」は、米国カリフォルニア州(シリコンバレー)を本拠地とするモバイルe-Sportsプラットフォームです。世界中で開催されるコミュニティ大会に、どなたでも気軽にご参加いただける場をご提供しています。AI 機能を搭載し、ゲーム内連携を実現したシームレスな大会運営を可能とすることで、大会主催も簡単に行っていただけます。※ゲーム内連携は対象タイトルに限定されます。

公式サイトhttps://www.game.tv/ja公式Twitterhttps://twitter.com/gametv_jpアプリダウンロードhttps://apps.apple.com/us/app/id1510786360https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.game

■「Game.tv」の特徴「Game.tv」アプリでは、ゲーム内連携および画期的なAI技術により、対象タイトルの大会を自動運営することが可能です。対戦相手との自動マッチングや、結果の自動送信により、従来の手間を掛けることなくスムーズな大会運営を行っていただけます。

「Game.tv」CEO/ローゼン・シャルマ氏のコメントゲームのプレイ人口やプレイ時間が増える昨今、プロゲーマーを対象とした大きな大会だけでなく、アマチュアゲーマーを対象とした数多くの大会が生まれています。現に「Game.tv」では一日1,600以上もの大会が開催されています。
また、「Game.tv」には10万ものギルドが存在し、メンバーはテキストやボイスチャットを通して交流を図ることができます。大会告知などがしやすいだけでなく、日常のコミュニティ活性化の場としても機能を果たすことから、コミュニティ運営の視点でも積極的に活用されています。

『どうぶつタワーバトル』の開発者/藪崎裕太氏のコメントモバイルe-Sportsの盛り上がりとこれからの更なる可能性を感じていた中で、「Game.tv」を通してたくさんの方が大会を楽しんでくださっているのを目の当たりにし、胸がいっぱいです。気軽にe-Sportsを楽しむ方が増え、より熱い戦いが日々巻き起こるのを、これからも楽しみにしています。
■国内の大会開催状況日本では、「Game.tv」アプリ内での自動運営が実現されているタイトルを中心に、人気ゲームの大会が多く開催されています。人気実況者Yamadaさん、YAPIMARUさん、がんさん各々による『ブロスタ』の大会、タイトル最大の大会コミュニティである獣王杯および「Game.tv」主催の『どうぶつタワーバトル』の大会、そして人気実況者Nigongo(にごんご)さんやうめちゃむさんによる『PUBG MOBILE』の大会などが定期的に開催されています。

また、「Game.tv」アプリではモバイルゲームのみが対象となりますが、「Game.tv」ブラウザ版やDiscord版ではPCやコンソールゲームの大会開催も可能です。こちらでは、PUBG Official PartnerによるPCおよびコンソールの大会が、PUBG JAPANの協力体制のもと、公式イベントとして開催されています。

上記大会は「Game.tv」の公式サイトおよびアプリ内から大会を検索していただけますので、奮ってご参加ください!

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル