top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

映画史に輝くウォルト・ディズニーの名作『ファンタジア』特別公開で蘇る!観る人の想像をかき立てる映像と音楽の究極のコラボレーションをスクリーンで!

cinefil

1940年に初公開されて以来、傑作中の傑作と世界中の人から称賛され、ウォルト・ディズニーの最も偉大な創造的業績の1つとされている名画『ファンタジア』が、日本の映画館のスクリーンに甦ります!
本作は選び抜かれたクラシックの名曲8曲にアニメーションを融合させた画期的な企画で、アニメーション・セグメントには台詞はなく、映像、色彩、アニメーション、音楽を通して物語が語られます。
音楽は“音の魔術師”レオポルド・ストコフスキーが指揮し、 フィラデルフィア管弦楽団が演奏、そして各アニメーション・セグメントは作曲家であり音楽評論家でもあるディームズ・テイラーのナ レーションにより紹介されます。
60人以上のアニメーター、100人を超えるオーケストラ編成、1000名を超えるスタッフが3年を費やして製作した超大作は今見てもその作品力に圧倒され感動を禁じえないでしょう。
ウォルト・ディズニーが80年もの間、多くの人に感動と影響を与えてきたアニメーションとクラシック音楽の完璧なマリアージュ作品を、お近くの映画館のスクリーンで心ゆくまでお楽しみください。

© Courtesy of Disney

1940年/アメリカ/カラー/1.33:1
上映時間:125分素材:2K DCP/5.1ch

オーディオ 劇中使用楽曲:
「トッカータとフーガ ニ短調」J.S.バッハ
「くるみ割り人形」 チャイコフスキー
「魔法使いの弟子」 デュカス
「春の祭典」 ストラヴィンスキー
「田園交響曲」 ベートーヴェン
「時の踊り」 ポンキエッリ
「はげ山の一夜」ムソルグスキー
「アヴェ・マリア」 シューベルト

製作:ウォルト・ディズニー
監督:ベン・シャープスティーン
指揮:レオポルド・ストコフスキー 演奏:フィラデルフィア管弦楽団
アドバイザー:オスカー・フィッシンガー
脚本:ジョー・グランド、ディック・ヒューマー ナレーター:ディームズ・テイラー

2021/3/26(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開

広告の後にも続きます

Home | culture-ville

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル