top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

地下鉄サリン事件の「被害者」が「加害者」にカメラを向けるーー心揺さぶる衝撃のドキュメンタリー『AGANAI サリン事件と私』予告解禁!

cinefil

地下鉄サリン事件の被害者がオウム真理教(現 Aleph)に迫るドキュメンタリー映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』が、事件からちょうど26 年経つ 3 月 20 日より、シアター・イメージフォーラムほかにて順次公開となります。

©2020 Good People Inc.

事件の被害者である監督が、今なおオウム真理教を信仰する広報部長と対峙する。故郷を旅し過去を振り返る、心揺さぶるドキュメンタリー。
1995年、オウム真理教が引き起こし日本中を震撼させた地下鉄サリン事件。通勤途中で被害にあった本作監督さかはらあつしは、事件から20年の時を経てAleph(オウム真理教の後続団体)の広報部長・荒木浩と対峙する。さかはらと荒木は、ともに所縁の地を訪ねる旅に出て対話を繰り返す。凄惨な事件後もなお信者で ありつづける心のありようとは何か。人を救うのではなく苦しめる宗教とは?
監督は友人を諭すように、荒木に接し、その心の内に迫ろうとする。事件により人生を狂わされ、未だに精神的・肉体的な苦しみを抱える被害者。その「被害者」が「加害者」にカメラを向ける。ここでは「客観性」や「中立性」を掲げる「ドキュメンタリーの常識」は通用しない。 この対峙の先に見える「真実」とは?監督のさかはらはPTSD(心的外傷後ストレス障害)と神経への後遺症を抱えながら考え抜いた末、「地下鉄サリン事件とオウム真理教」に向き合う決意をした。真相を伝えるため、妥協しない姿勢でのぞみ、完成までは撮影から5年の時を要した。その甲斐があり、コロナ禍で賞レースへの参加が困難な中、初の長編監督でIDA賞のショートリストに選ばれる快挙を果たした。
アメリカのハリウッド・レポーター誌は2021年アカデミー賞有力候補として本作を紹介。
世界が注目するドキュメンタリーがいよいよ公開される。

©2020 Good People Inc.

©2020 Good People Inc.

広告の後にも続きます

この度公開された予告編は、1995年3月20日に起こった地下鉄サリン事件の生々しい当時の映像や音声から始まる。その後映し出されるのは、当時通勤途中で被害者となったさかはらあつし監督と、オウム真理教の広報副部長であった荒木浩の20年後の姿である。
今なおオウムを信仰する荒木とゆかりの地を旅しながら「なぜ事件は起こったのだろう?」とさかはらは問いかけ、荒木は「それを語るべき人は表に出てきていない。教祖です」と 答える。「真実」が何であるのかを、真摯に追求する監督の姿勢がうかがえる予告編となっている。

『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』予告

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル