top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

小関裕太演じる上原が物語をかき乱す!?“年下小悪魔ボーイ”の登場に「完全に心もってかれた」の声

テレビドガッチ


関ジャニ∞の大倉忠義と広瀬アリスが出演する木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第6話が、2月11日に放送。小関裕太演じるフラワーショップのアルバイト店員・上原邦光の登場に、インターネット上では今後の展開を期待する声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年に放送され、大ヒットを記録した同名ドラマを原作とした本作は、「結婚生活、こんなはずじゃなかった! あの頃に戻って人生をやり直したい!」と日々嘆く恐妻家の主人公・剣崎元春(大倉)が、ある日突然過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから始まるファンタジー・ラブストーリー。

澪(広瀬)が妻だった世界に戻れないことを悟った元春は、現在の妻である沙也佳(瀧本美織)と最高の夫婦になることを決意し、同僚の津山千晴(松下洸平)と交際することになった澪に、「あいついいヤツだよ。2人のこと応援してる」と伝える。

一方、「なるべく早く帰ってきてね。話したいことあるし」と、元春を仕事に送り出した沙也佳は、ウォーキングの最中にスケートボードに乗った青年・上原とぶつかりそうになってしまう。上原は「こんにちは、そういう格好も似合うんですね」とあいさつし、「どなた?」と怪訝な顔をする沙也佳に、剣崎家に花を届けたことのあるフラワーショップの店員だと告げる。

その日の昼、元春は翌日が澪の父の命日だと知り、かつて澪に「来て欲しい」とお願いされても、法事に参加しなかった過去の自分を反省。津山に、法事の準備を手伝うようにアドバイスし、津山の抱えていた仕事を肩代わりする。

結局、残業になり、遅い時間の帰宅になってしまった元春は沙也佳の話を聞けずじまい。翌日も、沙也佳から「今日は絶対早く帰ってきてね」と念を押されるが、監査が終了したお祝いに同僚たちと飲み会に行くことになってしまう。それでも早めに抜け出し、家路を急ぐ元春だったが、今度は法事で休暇中だったはずの澪が泣き崩れている場面に遭遇。認知症を発症している澪の母・久恵(片平なぎさ)の行方がわからないという。

沙也佳のことが気になりつつも、澪と一緒に車で探し回る元春。無事に久恵を見つけて、2人を送り届けることができたが、すっかり遅い時間になっていた。さらに、あることが原因で、澪と一緒にいたことが沙也佳の知るところとなってしまう。激昂して家を飛び出した沙也佳は、偶然、上原と再会。そのまま上原を誘って飲みに行ってしまう。

バーでは、「旦那さんと喧嘩とか?」と指摘する上原に対し、「まさか、主人は私の言うことなら、なんでも聞いてくれる人なの」と強がる沙也佳。上原は、そんな沙也佳をじっと見つめながら、「俺のこともなんでも言うこと聞くと思って誘ってくれたんですか? 俺のお願いも聞いてほしいな」と微笑むのだった。

小関演じる上原の登場に、ネット上では反響が殺到。「最後完全に小関裕太くんに心もってかれた。こんな歳下小悪魔ボーイに出会えるなら私も家飛び出したいw」「小関裕太さん出てきたけど今後の展開にどう作用するんだろう?」「大倉くんと小関裕太くん そんなの、どっちを選べばいいのか分からない……」などのコメントが寄せられていた。

次回第7話は、2月18日に放送。沙也佳がネット掲示板に澪への誹謗中傷を書き込んだことで、元春の支店で騒動が起きてしまう。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル