top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

井浦新“朔先生”、妻を目の前で亡くした過去に視聴者涙腺崩壊「見終わった後もしばらく余韻が続く」

テレビドガッチ


高畑充希主演の『にじいろカルテ』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00〜)の第4話が2月11日に放送。インターネット上では、お調子者の浅黄朔(井浦新)の知られざる過去が明かされ、涙する人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

東京の大病院から虹ノ村診療所で働くことになった多発性筋炎を抱える内科医・紅野真空(高畑)が、ひょんなことから“オレ様外科医”浅黄朔といじられキャラの看護師・蒼山太陽(北村匠海)とシェアハウスすることに。普通の医療ドラマとは一線を画す、ちょっとダメで人間臭い医者たちが、個性豊かな村人たちとともに困難に立ち向かう物語。

朔はふと、妻・沙織(佐々木希)との思い出を振り返る。彼女は畑仕事が好きだった。少ししか収穫できないナスがとれて大喜びする沙織。最初は畑仕事に否定的だった朔も、ナスを使った料理を食べて評価を一転。こんなに美味しいものができるのであれば、借りている畑の区画を広げようと提案した。

ある日、街で起こった爆破事故に携わった朔。たくさんの負傷者にトリアージ(事故現場などで、医者が治療の優先順位を決めること)をする中、沙織を見つける。彼女は、朔が欲しがっていたサングラスを買いに来ていたのだ。自分が怪我をしているのにも関わらず、周囲にいる重傷者を見て「(自分は)大丈夫。あの人たちを」と他の人を診るよう指差す。朔は、彼女の言う通り、ほかの患者に処置を施していく。ある一人を診ていると警察から「こいつは絶対に助けてください」と言われた。なんとかやり遂げ、別の患者を診ようとしたところ、朔の目の前に沙織の遺体が映る……。あとで分かったことだが、彼が助けたのは爆破事件の実行犯だった。

そんな過去を抱える中、虹ノ村近くのキャンプ場で土砂崩れが起きた連絡が入る。電話でトリアージをお願いされた診療所の面々は現場へ急ぐ。唯一、朔の過去を知る霧ケ谷桂(光石研)は「大丈夫?」と声をかける。朔は、虹ノ村にやって来たとき、診療所の敷地内にある荒れ果てた畑を見て「畑だ……広いな……!」と号泣していたのだ。

今回は、沙織のときと同じ状況。朔は真空に「いいか。患者の『大丈夫』と言う言葉は信じるな。先入観で見るな」と指示を出す。そして太陽へは「俺たちのそばにいてくれ。見落としていることがあるかもしれない。気づいたらなんでも……無駄でもいいから言ってくれ。頼む」と懇願した。

救助に当たる中、ほかの人を優先させようとする女性の負傷者がいた。「私は大丈夫です」という彼女に、朔は「それはあなたが決めることじゃない。大丈夫かどうかは僕が決める!」と大声を張り上げ、問診を行った。

ネット上では、朔の知られざるエピソードに「辛すぎる過去と必死に闘っている姿がとても印象的でした」「朔先生が愛おしいと思ってしまうの私だけではないよね」「朔先生が泣いてるとこでもう私の涙腺は崩壊しました、朔先生かっこいいです素敵です大好きです」「見終わった後もしばらく余韻が続くドラマ」との声があった。

次回は2月18日に放送。虹ノ村に超人気バラエティ番組『ぽつんと診療所』がやってくる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル