top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

濱口竜介監督 初短編集『偶然と想像』-カンヌ国際映画祭での「寝ても覚めても」に続き、最新作は世界三大映画祭のベルリン国際映画祭コンペティションに正式出品が決定!

cinefil

濱口竜介監督の新作映画『偶然と想像』が、第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門への正式出品が発表されました。
これが本作のワールド・プレミアとなります。(英題:wheel of fortune and fantasy)

ヨーロッパ最大の映画産業都市で行われるベルリン国際映画祭は、カンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭の1つとして知られ、これまでには今井正監督『武士道残酷物語』や宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』 が最高賞に当たる金熊賞を受賞しています。

本作は、タイトル通り「偶然」と「想像」をテーマにした3話オムニバスから成る濱口竜介監督初の短編集となります。濱口監督自身が『ハッピーアワー』等のプロデューサー高田聡とともに企画立ち上げを行い、2019年夏から約1年半をかけて製作されました。脚本もすべて濱口監督自身が手掛けています。撮影は3話ともに『うたうひと』『ひかりの歌』の飯岡幸子が務めました。

短編集『偶然と想像』は以下の3話から成るオムニバス映画です。

広告の後にも続きます

■第1話 『魔法(よりもっと不確か)』
(第一話)古川琴音 中島歩 玄理

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル