top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「手数料が無料・安い」「ポイントで取引ができる」 スマホ証券って、アリ?

J-CAST会社ウォッチ

若いビジネスパーソンを中心に、「スマホ証券」が話題になっている。

スマホ証券とは、スマートフォンでの取引に特化した新しい証券会社を指す。具体的には、「One Tap BUY」や「SBIネオモバイル証券」「LINE証券」「PayPay証券」「SMART+」「FOLIO」などといった証券会社がそれ。そんなスマホ証券の利用状況などを、リサーチ会社のマイボイスコム(東京都千代田区)が調査した。

取引を始めたきっかけは「口座開設キャンペーン」

株式投資はいまやネットが当たり前。野村証券や大和証券、SMBC日興証券といった証券大手からインターネット取引専業の「ネット証券」。それに加えて、スマートフォンさえ持っていれば利用できる「スマホ証券」が登場。しのぎを削っている。

スマホ証券は、スマホに専用アプリをダウンロードすれば、口座開設の申し込みから入出金の指示、投資情報が入手できて、取引できる。

他のネット証券などとの違いは、なんといってもスマホだけですべてが完結できること。ふだんから携帯しているので、「いつでも」「どこでも」投資できるのが魅力。また、少額から取引できて1株単位で買えることや、売買手数料が無料や安いこと、取扱商品が限定されているなどの違いがある。

広告の後にも続きます

マイボイスコムの調査によると、「直近1年間にスマホ証券で取引をした人が始めたきっかけ(複数回答)」は、「口座開設キャンペーン」が43.3%でトップ。次いで「手数料が無料・安い」(34.3%)、「ポイントで取引ができる」(31.3%)がそれぞれ3割強で続いている=下図参照。


さらに、「今後、スマホ証券を利用したいと思うか?」と聞くと、「利用したい」いう意向がある人は15.6%(「利用したい」7.6%と「やや利用したい」8.0%の合計)=下の円グラフ参照=と、2割に満たなかった。案外少ないようだが、男性や若年層は高い傾向で、10代~30代の男性では3割を超える。「利用したくない」と答えた人も、46.2を占めた。


TOPICS

ジャンル