top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

人気ユーチューバーの炎上が相次ぐ 1か月間の出来事にファンから戸惑いの声

リアルライブ

 2021年が始まって1か月半。コロナ禍で多くの人が自宅で過ごす中、家の中で楽しめるユーチューバーの存在はますます需要が高まっている。

 そんな中、ユーチューブファンからは、ある懸念が聞かれているという。

 「実は、2021年になってからユーチューバーの炎上が多発しています。最も大きな問題となったのは、イケメンユーチューバーとして知られていたワタナベマホトの騒動。1月21日に元欅坂46の今泉佑唯と結婚を発表したその日の夜に、ユーチューバーのコレコレを通じ、未成年女性にわいせつ写真を強要していたことが告発される事態に。マホトは翌日に所属事務所からの退所を発表。27日にはユーチューブのアカウントが停止され、ユーチューブ史に残る不祥事ともなりました」(芸能ライター)

 ​>>ユーチューバー“クソガキをモザイクなしで晒す”動画に警告、削除に 謝罪するも終始吹き出す態度に批判<<​​​

 わずか数日の間に起こったこの騒動に、ユーチューブ界は騒然。しかし、他にも人気女性ユーチューバーのエミリンや3人組ユーチューバーグループ・さんこいちが炎上した。

 「エミリンは、昨年アップした動画の中で既婚男性スタッフとの関係を匂わせたり、動画の中でコレコレと思われる人物の悪口を言ったとして批判が集まる事態に。今年に入り謝罪動画を出したものの、賛否が集まり、結局2月に活動再開を宣言するまで約1か月間、実質活動休止状態になっていました。

 また、さんこいちは1月1日にアップした動画の中で、同月末での解散を発表しました。しかし、その中でメンバーのほりえりくが神妙な言葉でファンへ思いを伝えたにも関わらず、他の2人がそれを茶化したりため息をついたりなどし、炎上する事態に。2人は謝罪したものの、結局炎上は完全に鎮火しないまま解散を迎えました」(同)

 この異様な炎上続出に、ユーチューブファンからは「2021年なんなの…?」「人気ユーチューバーがみんな炎上してて怖い」という困惑の声が聞かれている。

 この負の連鎖が続かなければいいが――。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル