top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「本気で引いた」キロランケの“あいつが変わってしまったからだ”の意味が明らかに/ヤングジャンプ10号『ゴールデンカムイ』

ダ・ヴィンチNEWS

『週刊ヤングジャンプ』10号(集英社)

※この記事は雑誌のネタバレの内容を含みます。

シリアスなお茶会かと思いきや… かぐやの“ある発言”で急にギャグ回に!?/ヤングジャンプ10号『かぐや様は告らせたい』

 2021年2月4日(木)発売の『週刊ヤングジャンプ』10号。『ゴールデンカムイ』第267話の展開に対し、読者から「ウイルクの裏切りに本気で引いた」「ここへきて、こんな意見の違いが…」といった反響が続出した。

 ウイルクといえばアシリパ(リは小文字)の父親で、キロランケとともにロシア皇帝を爆殺したテロリスト。かつては帝政に反目する同志であった2人だが、のちにキロランケは尾形百之助と手を組んでウイルク殺害に至った。

 動機については“あいつが変わってしまったからだ”と語られていたものの、同話ではその言葉の意味が明らかに――。

広告の後にも続きます

 そもそも2人の目的は極東ロシア・樺太島・北海道をそれぞれ日本とロシアから独立させ、1つの国として「極東連邦」を築き上げること。そのために彼らはアイヌで埋蔵金の情報を集め、ウイルクはわざわざ現地で結婚までして娘のアシリパを設けた。

 ところがキロランケに何の相談もせずに、突然“計画は変更すべき”と語ったウイルク。理由として「少数民族だけで極東連邦を帝政ロシアから守るには広すぎる」と主張し、「北海道だけを独立させ 守りを固めた方が良い」と結論づけたのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル