top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「自分がモデル?」の声も…低迷「ウチカレ」で注目はヒットメーカーの“復活”!

アサ芸プラス

 女優・菅野美穂主演のドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)の第4話が2月3日に放送され、世帯平均視聴率8.2%だった。初回は10.3%と2ケタ視聴率ながら、第2話8.8%、第3話8.1%と低空飛行が続いている。

 このドラマは、「恋愛小説の神様」と呼ばれたシングルマザーの水無瀬碧(菅野)と、20歳になっても彼氏のいない筋金入りの二次元オタクの娘・空(浜辺美波)のトモダチ母娘が織りなすエキサイティングラブストーリーだ。

 第4話では碧の小説の映画化を巡り、編集長の小西(有田哲平)が原作の内容を勝手に変えようとしてひと波乱。しかし、このところヒット作のない碧は、映画化を受け入れないと次回作を書かせてもらえないと知り傷つく。

 脚本家は北川悦吏子氏。1990年代には、ドラマ「素顔のままで」、「あすなろ白書」「ロングバケーション」(いずれもフジテレビ系)を始め、「愛していると言ってくれ」をヒットさせ、2000年に放送された「ビューティフルライフ」(いずれもTBS系)は全話平均視聴率32.3%を記録。その後も「Love Story」「オレンジデイズ」(いずれもTBS系)と高視聴率作品を生み出す。今回の民放連ドラは、2010年の「素直になれなくて」(フジテレビ系)以来となる。

「北川氏の作品は、2000年代に入った頃から、セリフのテンポが良くておもしろいという意見がある一方で、話の内容が古臭く、感覚がズレているといった声も上がり、2018年に手掛けた朝ドラ『半分、青い。』(NHK)では炎上するセリフも多く『♯半分、白目』といったネガティブなハッシュタグもツイッター上に登場しました。『ウチカレ』の菅野演じる葵は“恋愛の神様”の名前をほしいままにしていた北川氏そのもの。葵のセリフではないですが、『(すでに)オワコン』なのか、それとも『次回作こそ最高傑作』なのか。ファンならずとも気になるところです」(テレビ誌ライター)

広告の後にも続きます

 ドラマも中盤。クライマックスに向けて、視聴率のV字回復を期待したいところだ。

(窪田史朗)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル