top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

没後70年 吉田博展

cinefil

国内外の風景を木版画で表現し、世界をも魅了した吉田博の展覧会が、東京都美術館で開催されています。

吉田博(1876-1950)は、福岡県久留米市に生まれ、幾度もの海外体験を通じて東西の芸術に触れ、油彩画、水彩画の質の高い技法と絵画表現を確立しました。
明治から昭和にかけて画家として才能を開花させた吉田ですが、画業後期の49歳の時に木版画に本格的に挑戦し、新境地を開きます。
深山幽谷に分け入り自ら体得した自然観と欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって、水の流れや光の移ろいを繊細に木版画で表現したのです。

画家の没後70年を記念し開催する本展では、初期から晩年までの木版画を一堂に集めるとともに、版木や写生帖をあわせて展示し、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な版画技法の統合を目指した吉田博の木版画の全容を紹介します。

『帆船』シリーズに見られる刻々と移ろいゆく光や水面の情景はとても繊細で美しいです。印象派モネの《日没》を彷彿させます。
雄大な山の自然を描いた『日本アルプス十二題』や『冨士拾景』シリーズ、満開の桜が春爛漫を感じさせる《上野公園》などの日本の四季折々の風景に加え、アメリカやインド、東南アジアの風景もご堪能いただけます。
是非、この感動を美術館で体感してください。
それではシネフィル上でも見どころといくつかの作品を紹介致します。

《日本アルプス十二題 劔山の朝》 大正15(1926)年 木版、紙 37.0×24.8cm

1 世界を魅了した木版画

広告の後にも続きます

世界各国を旅し、雄大な自然をとらえた吉田博のみずみずしい木版画は、アメリカをはじめ海外で早くから紹介され、現在でも高い評価を誇っています。
イギリスのダイアナ妃や精神科医フロイトに愛されたことでも知られています。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル