top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

かまいたち、黒木華と“相方愛”描く本格ドラマに挑戦!迫真演技に「バラエティ番組だということを完全に忘れた」

テレビドガッチ


かまいたち(山内健司、濱家隆一)の冠番組『かまいガチ』(テレビ朝日、毎週月曜 26:16〜)。2月8日の放送では、かまいたちのふたりが見せた迫真の演技に、インターネット上では「めっちゃ見入ってしまった」「あまりにも本格すぎてバラエティ番組だということを完全に忘れていました」と感動の声が上がった。

かまいたちの2人が「ガチでそのとき面白いと思うこと」などに対し、持てる全ての力を注ぎ込んで挑戦する番組。今回はいつものバラエティの雰囲気から一変し、黒木華出演の本格的なドラマにガチ挑戦した。

スタジオで番組収録に臨むふたり。カットの声がかかると同時に山内は濱家に目もくれずスタジオを後にし、ひとり残された濱家は「おもんな……」と大きなため息をつく。濱家は廊下を歩く山内を呼び止め「たまには話しようや」と打ち上げに誘うが、山内は「このご時世やし、家族もおるし」とつれない返事。ふたたび歩いていこうとする山内に、濱家は「一回真面目な話せんとな、俺ら」と告げる。

楽屋でふたりきりになったかまいたち。「いつから俺ら、こんな感じになったんやろうな」とつぶやく濱家に、山内はスマホをいじったまま「解散しようか」と返す。「お前、そんな感じで言うことか」と濱家が憤ると、山内は「解散してください」と深々頭を下げ、「飽きた。お前に飽きた」と辛辣な言葉を投げかける。

「最近、素出しすぎやねん。負け顔とか泣き顔とか、素直すぎんねん」と文句を濱家にぶちまける山内。濱家は「それが評価されて東京で冠番組持たせてもらってるんちゃうんかい」と反論するが、山内は「思ったことと逆のこと言えよ」と言い放ち、我慢できなくなった濱家は楽屋を飛び出してしまう。

「あいつが病気っていうの、ほんまなんですか」と、マネージャーの樺澤(黒木)にたずねる濱家。「うん。奥さんから聞いたから。相方には、自分の口から伝えると思ってたんだけど……」と話す樺澤に、山内からコンビ解散を告げられたことを明かす。「解散理由もなんか、適当なんですよね。病気なんてひとことも言わへんし」と濱家。その奥に秘められた山内の気持ちを思い、「最悪や」と涙を流す。

その後、山内の不参加を謝罪する濱家に、プロデューサーは山内が楽屋に残していたという書き置きを手渡す。そこには「解散理由 やらなきゃいけないこと みつかった」という一言が。濱家は山内を追いかけて問いただすが、山内は答えようとしない。

その後の番組収録で、濱家はかまいたちの解散を宣言。すると山内が突然オープニングトークを濱家ひとりに任せ、「ひとりでもできるやん」と微笑みかける。「おもろなかったわ」とつぶやく濱家に「さっそく俺のアドバイス通りやな。これで安心してピンに専念できるわ」と山内。「広い世界に行くんや。ここよりも広い世界……」と語るその背中に、濱家は山内が書き残した「やらなきゃいけないこと」の意味に気づく。

それから2年後、濱家はピン芸人として賞レースに臨んでいた。舞台袖で深呼吸をしていると、そこにはいるはずのない山内が立っていて……。

番組でもたびたび現れていた「相方愛」を迫真の演技で表現したかまいたち。ネット上では「なにげなく見たのに普通に泣くって先ゆーといてくれんと」「二人の表情や話し方、一つひとつの場面や回想シーンの見せ方とか本格的でかまいガチと分かりつつもめっちゃ見入ってしまった……」「あまりにも本格すぎてバラエティ番組だということを完全に忘れていました……。そして何よりかまいたちが2人とも演技力抜群すぎて驚きです」と感動の声が相次いだ。

次回2月15日の放送では、山内が罰ゲームリアクションの正解を求めてさまざまなシチュエーションに挑戦する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル