top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ファーストサマーウイカが訴えられた!SNSで「ファンを誹謗中傷」トラブル

SmartFLASH

 本件の原告は、都内在住のA子さんだ。もともと、ウイカが所属していたアイドルグループ「BILLIE IDLE(R)」のファンだった。

 

「関西弁のヤンキーキャラとトーク力を武器に、2013年に『BiS』というグループでメジャーデビュー。次に所属したのが、BILLIE IDLEでした。グループは2019年12月に解散しましたが、熱狂的なファンが多くいました」(テレビ誌ライター)

 

 そのBILLIEファンの女性とウイカの間で巻き起こったトラブルとはなんなのか。A子さんの知人で、事の経緯を知る女性に話を聞いた。

広告の後にも続きます

 

「A子さんは、BILLIEをきっかけに “アイドルオタク” となり、ウイカさん推しになった人です。ウイカさん本人も彼女を “認知” していて、SNS上で交流する関係になっていました。2人の距離の近さに、ほかのファンが嫉妬するほどだったんです。

 

 ところが2019年8月に、A子さん本人が知らない間に突然、A子さんを名乗るツイッターアカウントが作られていたんです。それは、ウイカさんを誹謗中傷する投稿を連発する、いわゆる “アンチ” アカウントでした。その投稿をウイカさんが見つけ、A子さんを犯人扱いしたのがトラブルの始まりでした」

 

 今でもエゴサーチを欠かさないというウイカ。かつてテレビ番組で、こう明かしている。

 

《炎上してないか、出演した番組の評価を調査するのが日課。直接悪口を言ってくる奴はブロックするけど、間違えてたら修正しに行く》

 

 味方と敵をはっきり分ける性格だけに、A子さんは、わけがわからぬまま、ウイカから “敵認定” されてしまった。

 

「2019年9月、BILLIEの京都公演がありました。ライブ後の撮影会に並んでいたA子さんに向かって、ウイカさんが大声で問題のツイッターアカウント名を叫びはじめたんです。

 

 さらに、A子さんとチェキを撮る際には、威嚇するように中指を立てるポーズをしたそうです。『ふだんは、こんな対応じゃないのに、なんで?』と、彼女は驚いていました」(前出・知人女性)

 

 A子さんにとっては身に覚えのないこと。とはいえ、ウイカの態度で、自分が誹謗中傷の犯人と決めつけられていると悟った彼女は、自らの無実を「BILLIE IDLE運営事務局」に訴えた。返ってきたのは、思わぬ反応だった。

 

「事務局の方が言うには、A子さんを名乗る人物から『自分はBILLIEのメンバーに危害を加えるかもしれない』というメールまで届いていたそうです。

 

 しかも、A子さんがほかのファンにも暴言や暴力を振るったり、ライブ会場で窃盗行為をおこなっている……なんて根も葉もない情報も、何者かから寄せられているという話でした」(同前)

 

2019年のウイカのインスタグラムより(現在は削除)。A子さんを脅迫や嫌がらせの犯人と決めつけ、威嚇するような投稿が複数アップされた

 

 A子さんは証拠を揃えて何度も反論したが誤解は解けず、運営事務局から、イベントへの出入り禁止を言い渡されたという。さらに彼女に追い討ちをかけたのが、ウイカが自らのSNS上で発信したメッセージだった(上の画像)。

 

「ウイカさんが、10万人のフォロワーがいるSNSで『誹謗中傷やファンに嫌がらせをする女性がいる』と発信したんです。『お顔も身元も証拠すべておさえまして』と、特定の相手を恫喝するような書き方でした。

 

 A子さんを名指ししたわけではありませんが、これまでのネットの噂と照らし合わせて、ファンの間ではA子さんのことだとすぐに話が広まりました」(同前)

 

 大好きなアイドルのライブを観る権利を奪われたうえ、精神的な苦痛まで負ったA子さん。2020年8月、彼女はウイカに対して慰謝料100万円を求める裁判を起こした。A子さんが、その理由を語る。

 

「私は犯人扱いされ、SNSで誤解を広められました。それは、『もうあの人(ウイカ)のことは忘れて、気にせず生きていこう』と思える限度を超える出来事でした。だから、訴訟を起こしたんです。

 

 本心で言えば、ウイカさんにきちんと謝罪してほしい。そして、私が濡れ衣を着せられた事件の真犯人は誰なのか、真相を知りたいと思っています」

 

 有名人がSNSを使って、一般人を追い詰めるーー。そう聞いて連想するのは、元タレント・木下優樹菜さんの「タピオカ事件」だ。

 

「木下さんの実姉が勤務するタピオカドリンク店で給与不払いがあったと、木下さんがインスタグラムに投稿したのです。彼女のフォロワーが店のアカウントに中傷コメントを多数投稿し、炎上しました。それが問題となり、結果、木下さんは芸能界引退に追い込まれました」(スポーツ紙記者)

 

 SNSでは “素の自分” が出てしまうことも多い。テレビ画面と同じ “毒舌キャラ” を全開させてしまったウイカは、ある意味では「裏表がない」性格ともいえるが……。ウイカ側は、裁判で争う姿勢を見せている。

 

「ウイカさんはSNSに投稿したこと自体は認めながらも、自分の書き込みが、A子さんに向けたものだと想起されるものかどうかを争うようです」(A子さんの関係者)

 

 一方、ウイカの所属事務所にウイカ本人への取材を求めると、書面でこう回答があった。

 

「訴訟の提起は受けておりますが、事実関係に照らし請求が認められることはないと確信しております。現在、顧問弁護士が対応しておりますが、判決において、その事実が明らかになると存じます」

 

 次回の口頭弁論は3月に開かれる予定だ。毒舌の代償や、いかに。

 

(週刊FLASH 2021年2月23日合併号)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル