top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

松坂大輔、甲子園で初黒星【2005年5月18日】

週刊ベースボールONLINE


甲子園が似合う男ではある

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は5月18日だ。

 少しずつではあるが、ふたたび輝きを放ち始めた中日・松坂大輔。ただ、この男が一番似合うマウンドは、ナゴヤドームでもメットライフドームでもなく、やはり甲子園ではないだろうか。

 1998年、横浜高時代の松坂は甲子園で11勝無敗。まさに甲子園の申し子だった。

 西武入団後、初めて公式戦で甲子園のマウンドを踏んだのが2005年5月18日、この年から始まった交流戦の阪神戦だった。

 しかし2回裏、一死一塁から桧山進次郎に投じた149キロの速球がシュート回転し真ん中付近に入ると、桧山は逃さず中越えの2ラン。「簡単に投げ過ぎた」と松坂は反省した。さらに5回裏にもバッテリーミスで1失点し、2対3で完投負け。甲子園で初めての負けとなった。

「決して投げやすいマウンドではないんです」と松坂。4回裏には金本知憲から史上114人目の通算1000奪三振を記録したが、試合後、笑顔はなかった。

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル