top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

多くの人が予想する「円高」シナリオが崩れるかも? そのワケを明かそう!(志摩力男)

J-CAST会社ウォッチ

今年(2021年)は、円高ドル安を予想するエコノミストが、いつもの年より多いように感じます。

円高になる理由にはいくつかあります。

「円高傾向」でも1ドル=100円を割らず…

まず、円そのものが割安で取引されていることです。購買力平価がいくらなのか――。それはエコノミストによって違うと思いますが、おそらく1米ドル=95円から100円程度のところに集中しているのではないかと思います。

しかし、米財務省が毎年出している為替報告書では、かつて円は20~25%割安と指摘されていました。110円のときに20%割安と指摘されたとすれば、88円前後が適切なレベルと米財務省は考えていたと解釈できます。

二つ目の理由は、米国の超金融緩和政策がまだ当面続けられることです。2020年に米国は劇的に金融緩和を進め、現在、政策金利はゼロ近辺にあります。しかも昨年12月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で発表された「ドットチャート」を見ると、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長を始め多くの政策委員の方々は2023年になっても現行の緩和を維持すると答えています。

広告の後にも続きます

米国は期待インフレ率が2%前後ある国です。事実、現在の期待インフレ率は2%近辺です。10年の長期金利は現在1.1%前後なので、実質金利はマイナス0.9%とも言えます。

その一方、日本の期待インフレ率は極めて低い水準です。期待インフレ率が低いので、実質金利は意外な高さになります。実質金利で比べると、日本のほうが高金利という理屈になります。

TOPICS

ジャンル