top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

生田斗真“圭佑”が脚本!岡田将生“八神”主演の吸血鬼教師ドラマに「放送希望!」「実況しながら見たい」

テレビドガッチ


生田斗真が主演を務める新ドラマ『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第4話が、2月6日に放送。インターネット上では、いいコンビネーションを見せるある2人に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

売れない脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田)のもとに、連続ドラマ脚本執筆のオファーが舞い込むところから物語は展開。テレビ局側から無理難題を押し付けられる圭佑を支えるのは、ベストセラー小説家で一家の大黒柱でもある妻・奈美(吉瀬美智子)。立場は違えど、お互いをリスペクトしあう凸凹夫婦の奮闘と、2人の子供である絵里花(山田杏奈)と空(潤浩)を含めた4人の家族愛が描かれている。

第4話では、八神隼人(岡田将生)が主人公の“吸血鬼教師”を演じる連続ドラマ『富豪教師Q』の撮影がいよいよスタートした。脚本執筆で余裕のない圭佑は、現場に足を運べるわけがなく、空の家庭教師・仙川俊也(菊池風磨)に口述筆記(喋った言葉を文章に起こしてもらう手法)のサポートをしてもらいながれ脚本づくりを進めている。

その制作過程で、自分が言った「信じられない……ぴえん」のセリフが女子高生の言葉になっているのかと質問。仙川は、今の女子高生はさらに進化していると教えつつ「信じられなーい。ぴえんこえてぱおん!」と述べ、ノリノリでアドバイスを送った。

圭佑はテレビ局へ。仙川が料理を作っていると、絵里花が帰ってきた。今日は彼女が料理担当の日なのだが、仙川が買って出たのだ。彼が「一緒に作ろうか」と誘うと彼女も了承。仙川は、意中の相手と料理が作れると小躍り。一部始終を見ていた空から「最初からそのつもりだったの? 見え見えなんだよ」とツッコまれるも「何が?」と変顔でとぼけるのだった。

そんな中、なかなか決定稿にしてもらえない圭佑は疲れとイライラが募るばかり。漢字の間違いを指摘されたと仙川に伝えると、すぐ修正に。しかし彼が打ったのはまたも違う漢字。「なーんちゃって。ボケてみました」「てへぺろ」とおどけると「何がてへぺろだ。仙川! 空気を読めよ。こっちはいっぱいいっぱいなんだよ!」とブチギレた。

いよいよ『富豪教師Q』第1話が放送。家族一同で見守る中、圭佑は幸福とドキドキに包まれる。ドラマでは八神が血液パックを飲むシーンが流れる中、「脚本 吉丸圭佑」の文字が画面に。その日は家族でお祝いをしたが、翌日、スタッフからの電話で「昨夜の数字(視聴率)出たよ。個人視聴率2.8(%)」と、まさかの大爆死に圭佑は呆然としてしまい……。

ネット上では、仙川と圭佑のやりとりについて「マジ切れされた仙川くんよそりゃそうよ」「いいコンビしてる〜」と反響。また、劇中でいよいよスタートしたドラマ『富豪教師Q』についても「岡田将生くん、吸血鬼のかっこめっちゃ似合うなー」「何の前触れもなくこの画(血液を飲むシーン)が出てきたらツッコミでTLが怒涛の速さで流れそう! 富豪教師Q実況しながら見たいよ」「裏番組が強すぎたとしか思えない視聴率。えぐすぎて笑った」「本当に木曜日夜9時枠で放送希望」との声があった。

次回第5話は2月13日に放送。視聴率が悪かったこともあり、八神がスネて楽屋から出てこなくなってしまう。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル