top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

櫻井翔、ケーキ作りで“隠れたキャラ”解放!?ファンから「チャーミングがダダ漏れ」

テレビドガッチ


櫻井翔が局長を務める『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~)が、2月6日に放送。櫻井がケーキ作りに挑戦するも、その“向き合う姿勢”が反響。インターネット上で様々なコメントが寄せられていた。

今や1億3000万人がクリエイターで誰でも企画を考え発信しうるこの時代に、芸能人や文化人、アスリート、そして視聴者の「やってみたい」「見てみたい」を詰めた企画をどんどん実行する同番組。自身の熱のこもった企画にチャレンジする「企画担当ゲスト」として、中条あやみ、生見愛瑠、ミルクボーイ(内海崇、駒場孝)、スタジオゲストとして小峠英二(バイきんぐ)、羽鳥慎一が出演した。

櫻井局長が自ら挑戦する企画の第2弾は、1月25日に39歳の誕生日を迎えた櫻井が「自分のバースデーケーキを自力で焼いてお祝いしたい!」と人生初のケーキ作りに挑戦。「苦手なものと向き合って、自分の新たな一面を発見出来たら、それが自分への誕生日プレゼントになる!」と熱く語った。

「本や動画に頼らず、自ら取材した情報だけでケーキを作る!」と意気込み、ホテルニューオータニを訪れ、カメラ片手に真剣取材。「このメモと写真があれば大丈夫」と自信をのぞかせた。

実際にキッチンに立つと、初っ端から材料の計量もおぼつかない様子。また、メモを取ることに追われていたため、肝心なケーキ作りの工程を理解していなかったという致命的なミスを犯し、イチからやり直しをする羽目に。それからも、“感覚”で進めようとする櫻井にスタッフが「いや、違います!(取材の)写真見てください!」と絶妙な舵取りを行ったおかげで、なんとか工程通りに進行。しかし、キャパオーバー気味の櫻井は、“粉の入った器をふるい(にかけずに)の上でふる”という奇怪な行動を取ってしまい、自身も「ヤバい……今のは恐怖を感じた」と冷や汗。デコレーションの工程では見た目を気にせず適当に進める櫻井の“大雑把な一面”が露わになった。

出来上がったケーキを「こんなにスポンジを味わったのは初めて!」と頬張り、 “俺による俺のための俺の誕生日”を満喫。そんな櫻井に対し、「企画のたびに新しい櫻井さんのキャラクターが出てきますね」とスタッフが伝えると「20年間ひた隠しにしてきたキャラクターだもの……」と苦笑いで頷いた。

ネット上では、そんな“新しいキャラ”を見せた櫻井に対し、「ホラー映像並のケーキ作りw」「なんでしょう、ドキドキというよりもゾクゾク」「意外と大雑把で、意外と不器用なんだ」「翔くんのポンコツで可愛い姿も好き」「完璧な人間はいないっていう証拠ですね(笑)」「チャーミングな局長がダダ漏れで堪らなかった」「超一流の取材先だったので櫻井局長のレシピでケーキを作ってみたくなりました」と言ったコメントが見られた。

次回は2月13日放送。SixTONESが「ストーンを使って絆を固めたい!」と6人で6つの石を積み上げる企画にチャレンジする。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル